著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

公開日: 更新日:

 元SMAPの話題がメディアを賑わせている。重病説が流れていた中居正広は2カ月ぶりにレギュラー番組に完全復帰。3月のWBC公認サポートキャプテンの就任も発表された。4月からはダウンタウン松本人志との新番組も内定している。いったい重病とはなんだったのか、中居自ら明かさない限り知る由もない。世間の雑音をかき消すように中居のトーク力は以前よりも冴えている。

「中居は明石家さんまら芸人と違い、バラエティー、スポーツに情報番組までこなすオールマイティー型の司会者。全盛期のみのもんたを彷彿させる。中居はさらに上を目指している。長く休めば司会者の座は他の人に取られる。個人事務所だからこそ危機感は人一倍強いはず」(テレビ関係者)

 中居と同じくジャニーズ事務所を退所した草彅剛香取慎吾稲垣吾郎の3人。先に退所した元マネジャーの飯島三智氏が設立した「新しい地図」に所属。草彅は6年ぶりに民放ドラマの主演に復帰。人気シリーズ第3弾「罠の戦争」も好調な滑り出しを見せている。香取慎吾、稲垣吾郎も順調だ。

「3人ともジャニーズにいた時よりも生き生きとしているように見える」という声も少なくない。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差