桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

公開日: 更新日:

 今期の冬ドラマが出そろった。その中で、もったいないと思うドラマが2本ある。

 ひとつは櫻井翔主演「大病院占拠」(日本テレビ系、土曜午後10時)。日本が誇る大病院が突如、鬼の面をかぶった謎の武装軍団「百鬼夜行」に占拠されて櫻井演じる捜査官が人質を救うため犯人に立ち向かっていくストーリーで、24時間の事件を全10話で描く。

 テロリストは全員鬼の面をかぶり、エンディングでも名前にモザイクが入っているなど正体は明かさず。

 が、口元だけは出ていて、リーダーの青鬼が、どう見ても菊池風磨ではないかと早くもバレてしまったのはご愛嬌か。

 最近の考察ばやりで鬼グループの俳優予想は案の定過熱し、これも作り手の思うツボだろう。

 視聴者としてはハラハラドキドキ楽しいのだが、残念なのが主人公、武蔵三郎役の櫻井。正直、この手のアクションドラマには向いていない気がする。爆弾搭載のドローンに追いかけられているのに緊迫感はさほど感じられず。これが岡田准一だったらと、つい妄想してしまう。

 今でこそ高学歴のジャニーズは多いが、先鞭をつけたのは櫻井で、アイドルをやりながら慶大経済学部を卒業したのはすごい。キャスターやバラエティーのMCもこなし、ここ数年は日テレの選挙特番の顔でもある。これ以上何を求めるのか。櫻井には、彼しかできないことが山ほどあるのに。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  2. 2
    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

  3. 3
    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

  4. 4
    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

  5. 5
    大谷の鬼気迫る咆哮が浮足立つベンチのムードを変えた…メキシコ戦サヨナラ勝利の舞台裏

    大谷の鬼気迫る咆哮が浮足立つベンチのムードを変えた…メキシコ戦サヨナラ勝利の舞台裏

  1. 6
    「罠の戦争」大反響の最終回! 竜崎総理のまさかの展開に《モデルは安倍さんじゃん》とネット騒然

    「罠の戦争」大反響の最終回! 竜崎総理のまさかの展開に《モデルは安倍さんじゃん》とネット騒然

  2. 7
    篠田麻里子との不倫疑惑で訴えられた起業家の今…貝になって“静観”したやんごとなき事情

    篠田麻里子との不倫疑惑で訴えられた起業家の今…貝になって“静観”したやんごとなき事情

  3. 8
    中村倫也ロスで“独身最後の砦”松下洸平に注目集まり…ブレーク前夜に“匂わせ”投稿の噂

    中村倫也ロスで“独身最後の砦”松下洸平に注目集まり…ブレーク前夜に“匂わせ”投稿の噂

  4. 9
    メッツ千賀“ゴーストフォーク”ようやく解禁 ここまで封印させたベテラン指揮官の深謀遠慮

    メッツ千賀“ゴーストフォーク”ようやく解禁 ここまで封印させたベテラン指揮官の深謀遠慮

  5. 10
    一人暮らし20代女性宅クローゼットから直属上司が…発見までの一部始終と仰天の侵入回数

    一人暮らし20代女性宅クローゼットから直属上司が…発見までの一部始終と仰天の侵入回数