草彅剛は地上波ドラマで完全復活 解き放たれた「全裸飲酒」の過去と“辞めジャニの呪縛”

公開日: 更新日:

「この仕事、長く続ける秘訣はいかにずっと緊張していられるかなっていう風に、最近思う」

「敵は自分なんですよね。他の人のせいにしてるだけっていうか。結局、自分自身の気持ちじゃないですか、嫌なことも。コントロールできることって、自分の気持ちだけなんですよ。なんか、そう思うと敵も味方もやっぱ自分だけなんだなって」

■家庭生活も充実

“艱難汝を玉にす”の例え通り、いろいろあって、成長したのだろう。09年春、泥酔し、当時の自宅前の都内公園で全裸になって騒ぎ、公然わいせつの現行犯で逮捕された過去も自らネタにすることも。

あの失敗以来、禁酒していたお酒も解禁し、最近は上手にコントロールして、楽しく飲むことができているのでしょうね。仕事があるときは、喉の状態を気にして、全く飲まないようにしているそうです。20年に、4年半の交際を実らせて結婚、フレンチブルドッグの愛犬も含めた家庭生活の充実ぶりもあるのかも知れません」と前出の芸能デスクは続けた。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで