「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

公開日: 更新日:

 “大御所”と持てはやされてきた芸能人らが新年早々から苛立ちを隠せない。次は「自分がリストラ指名されるのでは……」と疑心暗鬼になっているのだ。発端となったのは教養バラエティー番組「所JAPAN」(カンテレ、フジテレビ系)の終了発表だった。

 MCを務めていたのは多くの視聴者から支持を集める所ジョージ(67)。現在「所さんの目がテン!」「世界まる見え!テレビ特捜部」(共に日本テレビ系)、「所さん!大変ですよ」(NHK)、「ポツンと一軒家」(テレビ朝日系)など計9本のレギュラー番組を抱えているがついにその一角が崩れたのだ。カンテレが「所JAPAN」を打ち切る理由として挙げたのは、やはり上向かない番組視聴率だった。

「『所JAPAN』の世帯平均視聴率は4~5%台、各テレビ局が重要視するコア視聴率(13~49歳男女)では2%台(関東地区)。対して裏で放送されている『ザ!世界仰天ニュース』(日テレ系)、『マツコの知らない世界』(TBS系)などは『所JAPAN』の2倍近い数字を取っている。フジとしては支えられなかったようだ」(制作関係者)

 カンテレの決断に困惑しているのが所だという。

「数字が悪いといっても現在のフジの編成表を見れば『所JAPAN』よりも数字の悪い番組はゴロゴロしているわけです。視聴率を理由にされても納得がいかないというわけです」(放送作家)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

    山口達也さんの“再出発”に賛否…TOKIOを連想させる「社名」にドン引きするファンも

  2. 2
    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

    西武・源田壮亮やはり無念の離脱…松井監督も苦悩する「WBC制覇」の大きすぎる代償

  3. 3
    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

    中村倫也の“水卜アナいじり”がモラハラ気味でプチ炎上も…女性からは擁護が圧倒的なワケ

  4. 4
    「罠の戦争」健闘するも…フジ冬ドラマ不振がキムタク「教場0」の“おぜん立て”という皮肉

    「罠の戦争」健闘するも…フジ冬ドラマ不振がキムタク「教場0」の“おぜん立て”という皮肉

  5. 5
    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

    Kōki,と工藤静香の“セレブ母娘”はどうする? 小松菜奈が「シャネルの顔」大抜擢の快挙

  1. 6
    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

    武田鉄矢まさかのガーシー擁護…「金八先生」のイメージ完全崩壊で宮迫博之と同レベルに?

  2. 7
    ロンブー淳「ガーシー逮捕状」に沈黙貫く…番組出演促す発言、BTS詐欺擁護で問われる責任

    ロンブー淳「ガーシー逮捕状」に沈黙貫く…番組出演促す発言、BTS詐欺擁護で問われる責任

  3. 8
    「ペンギン池落下」で最も迷惑なのは春日俊彰? カンニング竹山ら先輩の「擁護」が逆効果

    「ペンギン池落下」で最も迷惑なのは春日俊彰? カンニング竹山ら先輩の「擁護」が逆効果

  4. 9
    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

    長澤まさみ美脚を惜しげもなく披露 「シン・仮面ライダー」ショッカー怪人役で圧倒的存在感

  5. 10
    高市早苗氏は地元や総務省から総スカン…捏造発言は職員への「配慮」と主張の支離滅裂

    高市早苗氏は地元や総務省から総スカン…捏造発言は職員への「配慮」と主張の支離滅裂