篠田麻里子は松居一代やカイヤを超える? 凄まじい「劇場型 夫婦ゲンカ」の歴史

公開日: 更新日:

「私が全部悪いの、全部悪いの。お願い……」

 泣きすがる女。だが、男は女の声を遮り、淡々と女を責め続ける。

「お願いです……、謝るから謝るから謝るから謝るから! おねがいー! ウッ、ウッ、ウッ」 女はベランダに飛び出て手すりに手をかけ、「ジャンプしたら死ねるから、死んだら許してね!」。

 これは「週刊新潮」(1月5・12日号)が掲載した、篠田麻里子(36)と夫が6時間にわたって繰り広げた夫婦喧嘩の修羅場録音を書き起こした一部である。

 篠田はAKB48前田敦子大島優子とともに「神7」といわれる国民的アイドルだった。2019年に3歳年下のベンチャー企業経営者と「交際0日」で婚約&結婚し、翌年娘が生まれてからはママタレとして活躍している。

 だが、昨年6月から別居状態。夫は篠田が「不貞」をしていると睨み、篠田のiPadを彼女のスマホと同期して、篠田と男のLINEのやりとりや行動を逐一チェックしていた。その証拠を篠田に突き付け、“自白”を迫った時のやりとりを逐一録音していたのだ。

 12月上旬、夫が篠田の不貞相手に慰謝料を求めて提訴したという。こう見てくると、篠田側の“全面敗訴”と思われるが、夫婦喧嘩はすべてヤブの中である。

 篠田は、あの音声データはでっちあげ。不貞をバラされたくなければ8000万円払えといってきたので拒否。「デタラメなものを全世界に発信して、私を傷つけたことを夫は生涯かけて償え」と主張していると、「週刊女性」(1月31日号)が報じている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  2. 2
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  3. 3
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  4. 4
    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手

    巨人阿部監督よ、バルドナードの抑えは無理がある…先発からの配置転換もひとつの手会員限定記事

  5. 5
    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

    悠仁さまは一般入試を一度も受けず難関名門高に入学…皇室でも“例外”は許されないのか?

  1. 6
    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

    明徳義塾・馬淵史郎監督が嘆く「今時の選手気質」…気になる2泊3日“高知遠征費”も大公開!

  2. 7
    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

    阿部巨人が仕掛ける緊急トレード…有力候補はくすぶる「元本塁打王」「元最優秀中継ぎ投手」ら

  3. 8
    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

    「古畑任三郎」「暴れん坊将軍」「赤いシリーズ」…つまらない連ドラより名作再放送のススメ

  4. 9
    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

    ほんまダサいで維新…野党第1党獲得「正直難しい」と白旗、大阪万博も政治改革もグダグダ

  5. 10
    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速

    植田日銀が「利上げ」めぐり板挟み腰砕け…余計なサプライズで円安加速