著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイDIGITALや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

ガッキー妊娠の"匂わせ報道"を検証…昨年11月に感じた異変、星野源と石田ゆり子のやり取り

公開日: 更新日:

「ビールCMの終了でもしかして!?」と新垣結衣(34)の妊娠を示唆した「女性セブン」(2月2日号)の記事が芸能記者をザワつかせている。同誌は、新垣が2021年9月から出演している「おつかれ生です!」で人気のCM「アサヒ生ビール(通称マルエフ)」がリニューアルされ、CM好感度が高いにもかかわらず新垣が契約を延長しなかったことについて踏み込んで触れた。

「マルエフ」は約28年ぶりに復刻されたアサヒビールの「スーパードライ」に次ぐ人気商品で、発売当初はおそらく“新垣効果”もあったのだろうか、売れすぎて一時休売したほどの有名ブランド。画面越しに呼び掛ける新垣にCMの評判も「癒やされる」と上々だっただけに、誰もが新シリーズを期待していたはず。そんな新垣が実質1年半足らずで消えてしまうわけだから、芸能記者たちが浮足立つのも無理はない。

 一般的に広告業界では、アルコール飲料のCM契約期間中の妊娠は“NG”とされている。「女性セブン」は、そのことを根拠にして「もしかして? という声が上がっています」と報じた。確かに、「マルエフ」のCMは、新垣が21年5月にフリーになってから初めて契約を結んだ特別なCMだ。それを降板するのだから、探りを入れたくなる気持ちは分からなくもない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差