ジャニーズ総出で主演の櫻井翔をヨイショ…「大病院占拠」を襲う「ネメシス」低調の後遺症

公開日: 更新日:

 14日に放送スタートした嵐・櫻井翔(40)の主演ドラマ「大病院占拠」(日本テレビ系)。“タイムリミット・バトル・サスペンス”と銘打たれた今作は、鬼の面をつけたテロリスト集団に占拠された大病院を舞台に櫻井演じる敏腕刑事が、ひとりで立ち向かうというオリジナル作品。日テレは放送当日、櫻井がMCを務める「1億3000万人のSHOWチャンネル」と「大病院占拠」の合体SPを放送するなど、局を挙げて番宣に力を入れた。

 さらに櫻井の後輩であるSnow Manのメンバーも「SHOWチャンネル」に登場させ、Snow Manのドラマ主題歌担当を番組内で発表する大掛かりな仕掛けも用意したが、結果はイマイチ。平均世帯視聴率はなんとか7%台(関東地区、ビデオリサーチ調べ)をクリアしたものの、ネットでは《いまいち緊張感がないと言うか、コント感があると言うか…敏腕刑事の設定ならもっと鋭い感じの役者にして欲しかった》《安い、ダサい、つまらない。ネメシスに続き大失敗。いいかげん学習してほしい》と辛辣な感想が相次いだ。

「櫻井さんを担ぎ上げ、局を挙げて番宣に力を入れているところを見ると2021年4月期の『ネメシス』を思い出す視聴者も多いでしょう。唯一違う点は、放送枠と後輩グループのSnow Manが主題歌を担当しているという点でしょうか。局としては『ネメシス』のような低空飛行を避けたいため、今ジャニーズで一番CDが売れるSnow Manを投入し少しでも話題を呼びたいのだと思います」(ドラマ制作関係者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで