山下智久「韓国から再出発」は成功する可能性大! ジャニーズ時代の“遺産”が生きてくる

公開日: 更新日:

 2020年にジャニーズ事務所を退所した山下智久(37)が意欲的に新作に挑んでいる。昨年末にNetflixで配信を開始した「今際の国のアリス シーズン2」で演じたゲームマスターのキューマ役で話題をさらったばかりだが、今度は「私の頭の中の消しゴム」のイ・ジェハン監督とタッグを組んで約6年ぶりに王道ラブストーリーに挑戦する。WEB漫画が原作の日韓共作映画「SEE HEAR LOVE~見えなくても聞こえなくても愛してる」で、今年、Amazon Prime Videoで独占配信される。

 そもそも山下の海外志向が明らかになったのは、コロナ禍の緊急事態宣言中のこと。スキャンダル報道を受けてジャニーズ事務所から謹慎処分を受けていた山下は、海外進出を優先し、海外ドラマシリーズ「THE HEAD」のカナダロケへ参加を強行し、同事務所を退所した。その後、事務所からの退所発表が異例の事後報告となったことで波紋を呼んだが、ハリウッドスターのウィル・スミス(54)が創設した製作プロダクションが山下の後ろ盾になっているとの情報が出回り、さらなる山下の飛躍が期待された。ただ、実際のところは「The Man from Tronto」にチョイ役で出演したくらいで米国進出は想定外の不発。この1年ほどはジャニーズ時代からの固定ファンに守られて日本を軸に活動している。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」