松本潤の刺し身の“ツマ”にされたキムタクの胸中…NHK大河「どうする家康」いよいよスタート

公開日: 更新日:

 嵐の松本潤(39)が主演するNHK大河ドラマ「どうする家康」の放送が8日の日曜から始まるが、目下、“関係が微妙”と囁かれているのが、マツジュンと同じジャニーズ事務所に所属する木村拓哉(50)。2人の仲をにわかにあおり立てる報道もあり、関係者は神経をとがらせているという。

 木村と松本はこれまで不仲説など報じられたことはなかったが、騒動の発端は、一部メディアが報じたあるPR記事だったという。

 NHKは「どうする家康」の初回放送日に、物語の舞台となる東海地区で松本ら出演陣が参加するパブリックビューイング&トークショーを開催。無料で参加者を募った。

「ところが定員900人に対し応募者は196倍の17万6593人。ものすごい数が集まってしまったんです」(週刊誌記者)

 問題はこの後。松潤人気がいかにすごく、しかも「どうする家康」がどれだけ視聴者の関心を集めているのかを、一部メディアが先輩である木村をダシにして記事にした。

「木村も昨年11月、主演映画『THE LEGEND&BUTTERFLY』のプロモーションを兼ねて岐阜県岐阜市で開催された“ぎふ信長まつり”に織田信長役として参加した。その時は、優先観覧席が定員1万5000人のところ96万6555人の応募があった。倍率は64.4倍。この結果を松潤の方がキムタクよりはるかに高い倍率だったと強調して取り上げたのです。そもそも定員が10倍以上違う上、さらに、応募総数は松本が17万人で、木村が96万人。予算も松本は300万円で木村は1億円。イベントの規模も全く違っていて、比較対象になるような話ではありません」(前出の週刊誌記者)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  2. 2

    氷川きよし待望の復帰コンサートが販売不振? 独立後にメディア出演がパタリとなくなったワケ

  3. 3

    石丸伸二ブーム終焉の兆し…「そこまで言って委員会」で泉房穂氏の舌鋒にフリーズし“中身ナシ”露呈

  4. 4

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  5. 5

    吉村大阪府知事と「羽鳥慎一モーニングショー」で因縁の対決 玉川徹氏は終始冷静で大人だった

  1. 6

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  2. 7

    築地場外市場“再開発”は新たな「負のレガシー」か…現地に漂うシラけムード

  3. 8

    阪神岡田監督の気になる進退 来季続投がスジだが…単純にそうはいかない複雑事情

  4. 9

    日本に留まる男子プロが世界から見捨てられる日…国内ツアーは米下部ツアーより格下扱い

  5. 10

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで