浅香唯は日本プロ麻雀協会入り…ますます増える「芸能人と雀士」の二刀流

公開日: 更新日:

「もう50歳だからとかじゃなくて、今やりたいときが旬だと思っている。私の中では遅くもなく早くもなく、いいタイミング」

 元アイドルの浅香唯(53)がラジオでそう言って、プロ雀士として歩み始めたことを発表したのは11月のことだった。

 8月に試験に合格し、日本プロ麻雀協会の会員に。麻雀は、趣味としていた父親の影響で23歳から始め、家族麻雀をしたかったのだという。プロとしては「どうしてもダークなイメージがつきがちな麻雀を、クリーンな楽しいスポーツとして広げていきたい」と意気込んでいた。

 芸能人とプロ雀士の二刀流といえば俳優の萩原聖人(51)が有名。日本プロ麻雀連盟所属のプロとして、競技麻雀チーム対抗戦のプロリーグ「Mリーグ」の2018年発足から参戦。人気雀士として、真剣に卓に向かい、ファンを魅了。最近ではタレントの熊切あさ美もプロテストに合格して話題になったものだ。

「芸能界で麻雀好きはたくさんいて、和田アキ子さんはかつて丸2日ぶっ通しで打ったりしていたし、タモリさんにさんまさん、堺正章さん、風間杜夫さん、加藤茶さんらが強いとの評判があったものです」(ベテラン芸能記者)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

    “ほぼ全裸ポスター”は制度を悪用? 過去にもあった「公序良俗ギリギリ」のきわどいポスター

  2. 2
    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

    国内男子ツアーの惨状招いた「元凶」…虫食い日程、録画放送、低レベルなコース

  3. 3
    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

    自民議連が目指す郵政民営化改正案の“真の狙い”…郵便料金30年ぶり値上げの先にあるもの

  4. 4
    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

    木村拓哉「Believe」にさらなる逆風 粗品の“あいさつ無視”暴露に続き一般人からの告発投稿

  5. 5
    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

    キャリアの分岐点になった移籍の選択…名門パリSG、年俸倍額提示した独クラブのオファーを蹴った

  1. 6
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  2. 7
    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

    「ほぼ全裸」ポスター巡り苦言のひろゆき氏らに嚙みつく…セクシー女優の"場外乱闘"が思わぬ展開に

  3. 8
    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

    西武はコーチ陣こそ休養が必要だ…貧打の根本原因は“激アマ”松井稼頭央監督だけじゃない

  4. 9
    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

    「#萩生田百合子」がSNSで猛拡散!外苑再開発めぐるズブズブ癒着と利権が都知事選の一大争点に

  5. 10
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」