著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

羽鳥慎一が好きな男性アナ1位に返り咲き 「モーニングショー」が絶対王者に君臨し続ける理由

公開日: 更新日:

「好きな男性アナウンサーランキング」(オリコンニュース)で羽鳥慎一が1位に返り咲いた。上位には日本テレビの藤井貴彦、TBSの井上貴博、フリーアナの石井亮次も初のランクイン。いずれも帯番組の司会を務め露出も多い。当然の結果とはいえ、羽鳥のアナウンサースキルと好感度の高さは不変のようだ。

 司会者の人気は番組の支持にもつながる。テレビ朝日社員で「羽鳥慎一モーニングショー」の人気パネリストだった玉川徹氏が事実誤認発言でレギュラーを降板。不定期出演になったが、懸念された視聴率も影響はなく、いまだ2桁の視聴率を取る日もある。朝・昼を通してワイドショーの絶対的王者の牙城は崩されていない。

 しかし、高視聴率も羽鳥ひとりの好感度だけで達成できるわけではなく、作り方が作用していると思う。人気俳優を主役にしたドラマでも、俳優の名前だけで高視聴率は取れない。ドラマの中身とともに共演者にも左右される。肝心なのは番組の中身だ。

 コロナ、ロシア・ウクライナ戦争、安倍晋三元総理暗殺事件など有事の際は国民の関心も高く、司会者よりもどう構成するかで高視聴率につながるが、逆に平時になった時に真の実力が見えてくる。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路