著者のコラム一覧
城下尊之芸能ジャーナリスト

1956年1月23日、福岡県北九州市生まれ。立教大学法学部卒。元サンケイスポーツ記者。82年、「モーニングジャンボ 奥様8時半です」(TBS)の芸能デスクとなり、芸能リポーターに転身。現在は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ)、「朝生ワイド す・またん」(読売テレビ)、「バイキング」(フジテレビ)に出演中。

榊原郁恵さんら親族が渡辺徹さんの棺の前で笑顔の記念撮影 「憧れの家族像」がここに…

公開日: 更新日:

 俳優の渡辺徹さんが敗血症のために亡くなった。テレビドラマや舞台、バラエティーのゲストなど精力的な活動を見せていただけに、61歳とは若すぎると感じたが、30歳ごろから糖尿病を患い、さまざまな病気と闘いながら仕事を続けられてきた。奥さんである榊原郁恵が懸命に食事管理などしてサポートしてきたことも広く知られていた。

 今週の月曜に家族葬を終えて、夫人と長男の渡辺裕太が記者会見した。11月20日に病院を受診し入院、28日に亡くなる急な出来事だったという。その時、夫人が明かしたのだが、徹さんの棺の前に集まった親族が揃って写真撮影したところ、「なぜかみんな笑顔で、こういうのでいいのかしら……」と。その言葉を聞いて、常にまわりを楽しませてきた徹さんらしいなぁと感じた。

 徹さんと郁恵さんが結婚した時、僕がリポーターとして出ていたテレビ局が披露宴を生中継した。密着などの企画で取材したり、仲のいい夫婦ではあったものの、浮気がバレて「ものすごく叱られまして、高い買い物をさせられました」と自然体で話してくれたものだ。芸能リポーターにとってありがたい人だった。

 ずいぶん昔のことだが、正月に芸能人が多数、ハワイに行っていた頃、僕らはホノルル空港(当時)で待ち構えていた。 日刊ゲンダイでも紹介したが、到着した便の同じファーストクラスに、松田聖子・神田正輝夫妻、郷ひろみ・二谷友里恵夫妻、そして徹さんと郁恵さんが乗っていた。聖子や郷には逃げられたが、そこに出てきたのが、徹さんと郁恵さん。

「びっくりしましたよ。聖子さんと郷さん、目も合わさないし」

 今の人は知らないだろうが、2人は恋人同士だった。そう徹さんが話し始めると、郁恵さんが「ちょっと、そんなこと話していいの」と遮るのだが、渡辺さんは「マスコミの皆さんは、僕らが同じファーストクラスだってご存じなんだから」としゃべってくれたのだ。まさしくサービス精神旺盛な人なのだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」