渡辺徹さんはいつも周りを楽しませ…芸能リポーターが明かすハワイ“呉越同舟”秘話

公開日: 更新日:

 61歳で亡くなった渡辺徹さん。明るく、人懐っこい笑顔を公の場では絶やさなかったが、その裏で渡辺さんは過酷な闘病生活に明け暮れていた。30歳で急性糖尿病、虚血性心疾患で心筋梗塞になり、カテーテル手術。その後も急性膵炎、急性気管支炎を患い、治療中に大動脈弁狭窄症でまた手術。週に複数回、人工透析を行いながら、リハビリに励み、舞台などに挑んでいた。先月、細菌性胃腸炎で入院、敗血症となり、そのまま帰らぬ人となってしまった。

 もともと酒豪で大食漢だったが、料理番組「料理天国」(TBS系)のレギュラーで収録のたびに高級料理を食べ、残った料理を詰めて持ち帰っていたという。1日6食、5000キロカロリー以上取っていたそうで、70キロ台だった体重は130キロの巨漢に。愛妻のタレント榊原郁恵(63)の助力でダイエットに努めていたが、芸能リポーターの城下尊之氏はこう振り返る。

「いつも周りを楽しませて、喜んでいる姿を見て笑っている人でした。本当なのか、今となっては分かりませんけれど、郁恵さんの目の届かないところで揚げ物を食べたり、ペットボトルにコーラをいれて、飲んだりするんだとこっそり教えてくれました。お得意の自虐ネタで、取材の現場も明るくなりました」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ