流行語大賞で毎年指摘される“野球偏重説”に終止符? やくみつる氏が「ゴリ押し」否定発言

公開日: 更新日:

 12月1日、今年の「ユーキャン 新語・流行語大賞」が発表された。年間大賞にはプロ野球ヤクルトスワローズの村上宗隆(22)の「村神様」が選ばれたが、これに対してネット上では、《また野球が流行語大賞…》といった声が続々と上がった。

 近年、ネット上では「流行語大賞の選考が野球関連の言葉に偏っているのではないか?」との指摘が後を絶たない。確かに、今年の年間大賞を含むトップテンを見てみると、「村神様」の他にも、日本ハムファイターズの「きつねダンス」が入っているほか、トップテンとは別の選考委員特別賞には高校野球から生まれた「青春って、すごく密なので」が入るという具合に、確かに、野球偏重の感は否めない。

 また、年間大賞を振り返ってみても、2015年の「トリプルスリー」、2016年の「神ってる」、そして、2021年の「リアルタイム二刀流/ショータイム」という具合に、プロ野球メジャーリーグの違いこそあれど、やはり、野球関連の言葉が目立つのは事実。そして、そのような言説が出る際に「選考を野球に偏らせている張本人」としてやり玉に上がるのが、流行語大賞の選考委員を長年務める漫画家のやくみつる氏だ。

 やく氏は無類の野球好きとして知られ、2011年に横浜ベイスターズがDeNAに買収されるまではベイスターズファンであることを公言するなど、野球への熱狂ぶりは折り紙付き。そんなやく氏が選考委員を務める流行語大賞で野球関連の言葉が高い頻度で受賞している以上、そのような邪推が出てくるのは無理もないことと言えるだろう。だが、今回の表彰式の冒頭に行われた選考委員挨拶では、その邪推を覆しそうな発言が、やく氏の口から飛び出していたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

    大野智「南国リゾートホテル」開業で迫られる “嵐脱退”とジャニーズ事務所退所のXデー

  3. 3
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  4. 4
    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

    ウクライナ侵攻11カ月、ロシア正教とも亀裂か…ますます怪しいプーチン氏の精神状態

  5. 5
    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

    “キムタク信長”のさらなる差別化に2つの壁…岡田准一との「信長カブリ」と「25歳の自分超え」

  1. 6
    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

    NHK武田真一アナ「news23」電撃就任なら…夜の民放ニュースは“元NHKアナ”だらけ

  2. 7
    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

    三浦瑠麗氏「めざまし8」出演見合わせも収拾つかず フジテレビ「番組審議委員」の資質に疑問あがる

  3. 8
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  4. 9
    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

    ウクライナ電撃訪問の82歳・デヴィ夫人に相次ぐ称賛《軍拡だと騒ぐ日本の国会議員を叱って》

  5. 10
    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄

    嵐・二宮和也夫人は西島秀俊長男「超難関小学校合格」でどう動く? 夫人同士は懇意な間柄