愛子さまと悠仁さまだけで未来の皇統は大丈夫なのか?

公開日: 更新日:

 前回、早く女性宮家を創設して秋篠宮家の佳子さまに当主になっていただきたいと書いたが、これに対して、女性宮家は国民に人気のある愛子さまだけで十分ではないかという声があった。果たしてそうだろうか。

 未来の皇統を、皇族が悠仁さまと愛子さまの2人になった場合をシミュレーションしてみた。悠仁さまに男子が、それも複数の男子が誕生してくれれば、皇統が安定するという意味ではとりあえず問題がない。とりあえずというのは、過去の例でもわかるように、その後も男子が誕生するとは限らないから安心はできないということだ。結局、今の問題を先送りすることになる。

 次に、愛子さまが旧宮家の男子と結婚して男子が誕生した場合である。文芸春秋に掲載された岩田明子氏の「安倍晋三秘録『愛子天皇』を認めていた」によれば、故安倍元首相は〈旧皇族の男系男子が、現在の女性皇族の配偶者または養子になる場合は、その男性も皇族となり、その子どもは皇位を継承し得る〉も考えていたというから、安倍元首相が政権の中枢にいたら実現の可能性が高かったのだろう。

 ただし、黒田清子さんの例もあるように、お子さまに恵まれない方もおられるので、その場合は悠仁さまに男子が生まれない限り、やはり皇統は断絶する。また、愛子さまの結婚相手が旧宮家の男子ではないことも十分に考えられる。さらに悠仁さまに女子しか誕生しなければやはり昭和天皇の系統はここで断絶する。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実