桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

2022年「テレビの顔」は麒麟・川島明で決まり! レギュラー8本、番組出演本数1位を狙う

公開日: 更新日:

 2022年も残すところ1カ月。流行語大賞や話題の商品など、この一年を振り返る企画もぼちぼち出てきた。テレビ界で今年の顔といえるのはやはり麒麟・川島明だろう。

 月~金曜の「ラヴィット!」でTBS系朝の顔として定着、「ウワサのお客さま」(フジテレビ系)、「川島・山内のマンガ沼」(日本テレビ系)などレギュラー多数。10月からは「月曜の蛙、大海を知る。」「ベスコングルメ」(ともにTBS系)の2本も加わり、現在合計8本。「アメトーーク!」(テレビ朝日系)や「週刊さんまとマツコ」(TBS系)など単発番組や特番にも出演し、まさに川島無双の年になった。

 15年前に相方・田村裕が「ホームレス中学生」で一躍時の人となった時は「じゃないほう」扱いだったが、その後「R-1ぐらんぷり」や「IPPONグランプリ」などで実力を発揮。ひな壇番組の裏回しで評価が高まり今日に至る。遅れてきた実力派芸人MCだ。

 現在、「2022上半期テレビ番組出演本数ランキング」(ニホンモニター)1位。

「1度は1位に」と11月9日「あちこちオードリー」(テレビ東京系)で意気込みを語っていたが、実は3位につけているオードリー春日を狙っている(2位バナナマン設楽)。

 10月スタート「ベスコングルメ」は川島と春日が隔週交代でMCを務める番組でウオーキング+グルメの新感覚の散歩番組。

 アサヒビールの1社提供で、ぶっちゃけ、ビールをいかにおいしく飲ませるかが目的の番組ではある。ゲストの希望する絶品グルメをゴールとし、そこまでウオーキングする。

 途中、必ず商店街を通り、焼き鳥などのグルメに誘惑されながら、あくまでも目で楽しむだけ。誘惑にもめげず、目的地に向かってひたすら歩き続け、ゴールには冷え冷えのビールと絶品グルメが待ち受けている。

 27日は川島の回で赤羽から大塚まで6.5キロを2時間かけて歩き、「うんま」とビールを飲んでいた。ああ羨ましい。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  2. 2
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

  5. 5
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  1. 6
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 7
    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

  3. 8
    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

  4. 9
    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

  5. 10
    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声

    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声