M-1ファイナリスト9組中5組が初進出 “ネオ・シュール系漫才”大躍進で風雲急!

公開日: 更新日:

 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」の準決勝が30日、都内で行われ、9組のファイナリストが決定した。

 決勝進出するのは、ダイヤモンド、男性ブランコ、カベポスター、ロングコートダディ、さや香、真空ジェシカ、キュウ、ウエストランド、ヨネダ2000の9組。うち5組が決勝戦初進出というフレッシュな顔ぶれだ。

 エントリー数は過去17大会の中で、史上最多となる7261組。8月に東京と大阪で開催される1回戦から始まり、2回戦、3回戦、準々決勝、そして準決勝を勝ち抜いた9組と敗者復活1組の合計10組が、決勝戦(12月18日=ABCテレビ・テレビ朝日系列で生放送)で王者の座をかけて激突する。

 今回の準決勝では、昨年の優勝候補のオズワルドや、決勝戦進出経験2回のミキ、今年のキングオブコント王者のビスケットブラザーズが敗退するという波乱の展開に。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話す。

「今回の準決勝も非常にレベルが高く、誰が決勝に進出しても全くおかしくない感じでした。しかしM-1は“その時、その回の漫才”の評価がすべてなので、どれだけ実力のあるコンビでも容赦なく落とされ、その瞬間に、最も勢いのあるコンビが勝ち抜くんです」

「GYAO!」で生配信も行われた決勝進出者発表会見では、司会を務めたかまいたちも、「今年は新しいメンバーもいたり」「どんどんM-1が進化していってる」とコメント。ラリー氏がこう続ける。

「確かに“しゃべくり漫才”というより、男性ブランコやロングコートダディら、どちらかといえば、普段はコントのイメージが強いコンビに勢いがあったように感じましたね。同時に今回は、普段の“西高東低”の傾向に反して、真空ジェシカやキュウ、ダイヤモンド、ヨネダ2000ら、関西弁を使わないコンビの健闘も目立っていると思います」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感