M-1ファイナリスト9組中5組が初進出 “ネオ・シュール系漫才”大躍進で風雲急!

公開日: 更新日:

 漫才日本一を決める「M-1グランプリ2022」の準決勝が30日、都内で行われ、9組のファイナリストが決定した。

 決勝進出するのは、ダイヤモンド、男性ブランコ、カベポスター、ロングコートダディ、さや香真空ジェシカ、キュウ、ウエストランド、ヨネダ2000の9組。うち5組が決勝戦初進出というフレッシュな顔ぶれだ。

 エントリー数は過去17大会の中で、史上最多となる7261組。8月に東京と大阪で開催される1回戦から始まり、2回戦、3回戦、準々決勝、そして準決勝を勝ち抜いた9組と敗者復活1組の合計10組が、決勝戦(12月18日=ABCテレビ・テレビ朝日系列で生放送)で王者の座をかけて激突する。

 今回の準決勝では、昨年の優勝候補のオズワルドや、決勝戦進出経験2回のミキ、今年のキングオブコント王者のビスケットブラザーズが敗退するという波乱の展開に。お笑い評論家のラリー遠田氏はこう話す。

「今回の準決勝も非常にレベルが高く、誰が決勝に進出しても全くおかしくない感じでした。しかしM-1は“その時、その回の漫才”の評価がすべてなので、どれだけ実力のあるコンビでも容赦なく落とされ、その瞬間に、最も勢いのあるコンビが勝ち抜くんです」

「GYAO!」で生配信も行われた決勝進出者発表会見では、司会を務めたかまいたちも、「今年は新しいメンバーもいたり」「どんどんM-1が進化していってる」とコメント。ラリー氏がこう続ける。

「確かに“しゃべくり漫才”というより、男性ブランコやロングコートダディら、どちらかといえば、普段はコントのイメージが強いコンビに勢いがあったように感じましたね。同時に今回は、普段の“西高東低”の傾向に反して、真空ジェシカやキュウ、ダイヤモンド、ヨネダ2000ら、関西弁を使わないコンビの健闘も目立っていると思います」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

    小室圭さん年収4000万円でも“新しい愛の巣”は40平米…眞子さんキャリア断念で暇もて余し?

  2. 2
    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

    メジャー29球団がドジャースに怒り心頭! 佐々木朗希はそれでも大谷&由伸の後を追うのか

  3. 3
    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

    若い世代にも人気の昭和レトロ菓子が100均に続々! 製造終了のチェルシーもまだある

  4. 4
    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

    巨人にとって“フラれた”ことはプラスでも…補強連敗で突きつけられた深刻問題

  5. 5
    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

    長渕剛の大炎上を検証して感じたこと…言葉の選択ひとつで伝わり方も印象も変わる

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

    「監督手形」が後押しか…巨人入り目前から急転、元サヤに収まった真相と今後

  3. 8
    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

    東京15区補選は初日から大炎上! 小池・乙武陣営を「つばさの党」新人陣営が大音量演説でヤジる異常事態

  4. 9
    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

    高島彩、加藤綾子ら“めざまし組”が大躍進! フジテレビ「最強女子アナ」の条件

  5. 10
    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず

    「救世主にはなり得ない」というシビアな見方…ピーク過ぎて速球150キロ超には歯が立たず