流行語大賞は「村神様」への疑問…選考基準から老若男女の“若”が抜けていないかと識者指摘

公開日: 更新日:

 今年の「ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、都内で行われ、年間大賞に「村神様」が選ばれた。

 受賞した村上宗隆(22)は史上最年少三冠王などこれで20冠。報道陣から今年はいい年かと聞かれ「これでいい年でなかったら怒られちゃう。すごくいい年でした」とコメントした。

 特別賞は「青春って、すごく密なので」が受賞。その他、日本ハムファイターズの「きつねダンス」、村上所属のヤクルトの「Yakult1000」など野球関連が多く、「国葬儀」「宗教2世」「キーウ」「悪い円安」、若者関連では「知らんけど」「スマホショルダー」などがトップ10に挙がった。

■リアルなトレンドとの乖離

 同志社女子大学教授(メディア学)の影山貴彦氏は今回の選考についてこう話す。

「発表後、2クラスの授業、約200人に聞きましたが、90%近くが“村神様”を知りませんでした。女子大という事情はあるにしても、老若男女の“若”が抜けている感が否めない。“知らんけど”も関西の若者からすると普段使う言葉なので“なぜ今?”という意見もあり、今年は特に反応に年代、地域差がみられる結果だったように思います。発信する側とリアルなトレンドとの乖離に調整が必要になってきたのかもしれません」

 世代を超えた共通の話題がどんどん消えていることの証左というべきか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感