円丈師匠は新作落語“不遇の時代”でも格別だった…「グリコ少年」や「悲しみは埼玉に向けて」が大受け

公開日: 更新日:

 小ゑんの十八番「ぐつぐつ」は、おでんの種がしゃべる擬人法の噺である。イカ巻きのゲソとタコの足が、「俺たちはイボ(異母)兄弟」などという秀逸なくすぐりが満載だ。

「40年前の寄席は、まだ根強い新作落語差別がありました。古典落語しか認めないお客が多くて、おでんがしゃべり出したとたん、『なんだ?』という感じで、客が引いていくのがわかった。楽屋にも新作を下に見る落語家がいて、『新作の後はやりづらい』なんて言われたもんです。そんな状況でも、円丈師匠は別格でした。『グリコ少年』や『悲しみは埼玉に向けて』は寄席でも受けて、新作をやり通した。今僕らは、その恩恵にあずかっているわけです」

■<応用落語の会〉を立ち上げ

 1986年に<実験落語の会>を解散した円丈は、1991年に<応用落語の会〉を立ち上げる。小ゑんはこれにも参加した。

「応用落語というのは僕が付けたんです。実験の次の段階が応用ということで。この会には(春風亭)昇太、(三遊亭)白鳥、(柳家)喬太郎、(林家)彦いちなどの若手が参加して、ガンガンきてましたから、刺激になりましたね。新作グループには寄席の上下関係とは違うものがありました。円丈師匠の落語を客席で聴いてもよかったんです。寄席ではタブーですが。その上で師匠は僕たちにアドバイスを求めた。お互いの作品を、『こうしたらもっと面白くなる』と論評し合ってました。ありがたかったですね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感