鍋の中でおでんがしゃべる! 新作落語「ぐつぐつ」誕生秘話

公開日: 更新日:

 11月30日は三遊亭円丈の命日である。彼が主宰していた<実験落語の会>の主要メンバーである小ゑんには、円丈に対する熱い思いがある。

「今、僕たちが寄席で自由に新作落語を演じられるのは、円丈師匠のおかげです。常に新しいことに挑戦し、闘っている師匠でした。池袋演芸場で10日間やった『三題噺十番勝負』は、前日にお客から3つの題をもらってすぐに創作して、翌日に演じた。それも10日連続で。快挙ですよ。千秋楽の終演後、小さん師匠に呼ばれて、ご祝儀をもらってました。協会の会長が新作に理解があったことで、自由にできたと思います」

 小ゑんが円丈作品の中からベスト3を選ぶとしたら?

「まず、『悲しみは埼玉へ向けて』ですね。最近、僕もアレンジしてやらせてもらってます。あと、不条理劇のような『わからない』。哀感漂う『横松和平』ですか。番外として、『可哀想なウンコに香典を』(笑)。タイトルからして笑うでしょ。汚いのと残酷なのが一緒になると、陽気になって面白くなるという稀有な噺です」

■酒を飲みに屋台のおでん屋へ行くと…

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

    ジャニーズ「ゴリ押し」で日本アカデミー賞“権威失墜”…レコード大賞と同じ末路をたどる?

  2. 2
    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

    高橋文哉「10クール連続ドラマ出演」がアダに? イケメン枠がゆえのジレンマと今後の課題

  3. 3
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  4. 4
    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

    悠仁さまの「東大進学」はリスクが大きすぎる 未来の天皇に失敗は許されない

  5. 5
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  1. 6
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 7
    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

    フジ新番組「ぽかぽか」評価一変! お宝企画「牛肉ぴったんこチャレンジ」が救いの神に?

  3. 8
    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

    オリビア・ハッセーに何が…1968年の映画「ロミオ×ジュリエット」めぐり650億円提訴

  4. 9
    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

    指示役「ルフィ」はかつて、超人気芸人と強盗仲間だった? 過去のニュースにネット震撼!

  5. 10
    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声

    ホームレスになった米シングルマザーが愛犬を手放したが…その後の展開に感動の声