ジャニーズ“退所ラッシュ”でいよいよ無視できなくなってきた「辞めジャニ」たちの存在感

公開日: 更新日:

「辞めジャニーズ」が本家ジャニーズ事務所の対抗馬か、それ以上の勢力になってきた。「少年隊植草克秀(56)のディナーショーに、元「光GENJI」の山本淳一(50)と佐藤寛之(52)がサプライズ出演したと、スリーショットの画像がSNSにアップされて話題だ。「夢の共演」とスポーツ各紙は報じている。

 植草はこの秋、錦織一清(57)と2人では初のスペシャルディナーショーを開催した。「仮面舞踏会」などのヒット曲でファンを沸かせた勢いもあってか、12月にもクリスマスディナーショーをやるそうだ。

 “ジャニーズ帝国”は副社長の滝沢秀明プロデューサー(40)の退社に続き、看板グループ「King&Prince(キンプリ)」の平野紫耀(25)、岸優太(27)、神宮寺勇太(25)が脱退と退所を決め、空中分解した。それまで続く人材流出による瓦解がさらに顕著となり、「次は誰が辞めるのか」と退所者を予想するファンやマスコミ関係者も出てきた。

「今や『辞めジャニ』はグループか何かのような捉え方をされ、動向が伝えられていますね。ひと昔前なら、退所したタレントの名前や活動が大きく報道されるなんて、まずありませんでした」

 さるワイドショー関係者はこう言う。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差