碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

TBS金曜ドラマ「クロサギ」悪が悪を成敗する物語は令和版「必殺仕掛人」か

公開日: 更新日:

 金曜ドラマ「クロサギ」(TBS系)の主人公は黒崎(平野紫耀)。詐欺に遭って絶望した父親が無理心中を図り、ただ一人生き残った。詐欺という行為と詐欺師を憎む黒崎は現在、詐欺師を騙す詐欺師「クロサギ」となっている。

 物語の軸は家族の命を奪った者への復讐だ。これまでに父親を陥れた大物詐欺師、御木本(坂東彌十郎)を葬った。だが、更なる「仇」の存在を知った黒崎の闘いはまだ終わらない。平野が重い過去を背負った青年を好演している。

 そして、ドラマの見どころはもう一つある。ストーリーの中でさまざまな詐欺の手口が明かされることだ。これまで「起業セミナー詐欺」や「知的財産詐欺」などが登場したが、先週は「マンション投資詐欺」だった。不動産仲介業者に成りすまして手付金を騙し取る詐欺だ。黒崎は彼らに架空の優良物件を売りつけた上で、鮮やかに破滅させた。

 しかし、黒崎は決して「正義の味方」ではない。いわばアンチヒーローであり、そこが魅力的なのだ。この〈悪が悪を成敗する〉物語は、往年の人気時代劇「必殺仕掛人」を思わせる。

 黒崎が鍼医者の藤枝梅安(緒形拳)。黒崎の師匠で詐欺師業界のフィクサー・桂木(三浦友和)は、元締の音羽屋半右衛門(山村聡)か。この「クロサギ」、形を変えた令和版「必殺仕掛人」かもしれない。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実