【追悼】崔洋一監督 井筒和幸氏が明かす“戦友”秘話「骨のある映画屋がいなくなったことは悔しい限り」

公開日: 更新日:

 27日にぼうこうがんのため亡くなった映画監督の崔洋一さん(享年73)。崔さんとは互いに20代の頃から親交があり、切磋琢磨し「戦友」と語る井筒和幸監督(69)が日刊ゲンダイに、とっておきの秘話を明かしてくれた。

  ◇  ◇  ◇

 崔洋一さんとは彼の助監督時代からの仲だ。高橋伴明さんに紹介された時からだろうか。撮影所で「愛のコリーダ」の撮影をしていた崔さんが「いやもう生々しくて大変だった」と語っていたのを覚えている。フランス映画なので邦画の規制ナシ、秘密裏にスタジオ撮影は行われ、ポルノ女優でもない女優に演技をさせる。その後の「わいせつ裁判」は皆が知るところだが、大島渚組のチーフ助監督として、過酷な条件の中で崔さんも突っ走っていた。

■「ガキ帝国」は朝鮮語の字幕、「マークスの山」では死体役にキャスティング

 初めて仕事を依頼したのは我が「ガキ帝国」(1981年)だった。朝鮮語の字幕を担当してもらった。朝鮮語がわかる人も知らなかったし、予算もなかったが、あの不良性感度の邦訳をつけられるのは崔さん以外にいなかった。その後、今度は中井貴一主演の「マークスの山」(95年)で、冒頭の死体役にキャスティングしてくれた。当時はディレクターズカンパニーが解散し、何でもかんでも仕事をせざるを得ない状況で、映画製作どころではなかった。崔さんの「映画をイチからやりなよ」という無言のメッセージには勇気づけられ、おかげで「岸和田少年愚連隊」(96年)が出来上がった。戦友・崔さんのエールのおかげだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

    「悠仁さまに一人暮らしはさせられない」京大進学が消滅しかけた裏に皇宮警察のスキャンダル

  2. 2
    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

    香川照之「團子が後継者」を阻む猿之助“復帰計画” 主導権争いに故・藤間紫さん長男が登場のワケ

  3. 3
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  4. 4
    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

    巨人・菅野智之の忸怩たる思いは晴れぬまま…復活した先にある「2年後の野望」 

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  2. 7
    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

    「つばさの党」ガサ入れでフル装備出動も…弱々しく見えた機動隊員の実情

  3. 8
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 9
    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

    ビール業界の有名社長が実践 自宅で缶ビールをおいしく飲む“目から鱗”なルール

  5. 10
    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?

    悠仁さまが10年以上かけた秀作「トンボの論文」で東大入試に挑むのがナゼ不公平と言われるのか?