【追悼】崔洋一監督 井筒和幸氏が明かす“戦友”秘話「骨のある映画屋がいなくなったことは悔しい限り」

公開日: 更新日:

 27日にぼうこうがんのため亡くなった映画監督の崔洋一さん(享年73)。崔さんとは互いに20代の頃から親交があり、切磋琢磨し「戦友」と語る井筒和幸監督(69)が日刊ゲンダイに、とっておきの秘話を明かしてくれた。

  ◇  ◇  ◇

 崔洋一さんとは彼の助監督時代からの仲だ。高橋伴明さんに紹介された時からだろうか。撮影所で「愛のコリーダ」の撮影をしていた崔さんが「いやもう生々しくて大変だった」と語っていたのを覚えている。フランス映画なので邦画の規制ナシ、秘密裏にスタジオ撮影は行われ、ポルノ女優でもない女優に演技をさせる。その後の「わいせつ裁判」は皆が知るところだが、大島渚組のチーフ助監督として、過酷な条件の中で崔さんも突っ走っていた。

■「ガキ帝国」は朝鮮語の字幕、「マークスの山」では死体役にキャスティング

 初めて仕事を依頼したのは我が「ガキ帝国」(1981年)だった。朝鮮語の字幕を担当してもらった。朝鮮語がわかる人も知らなかったし、予算もなかったが、あの不良性感度の邦訳をつけられるのは崔さん以外にいなかった。その後、今度は中井貴一主演の「マークスの山」(95年)で、冒頭の死体役にキャスティングしてくれた。当時はディレクターズカンパニーが解散し、何でもかんでも仕事をせざるを得ない状況で、映画製作どころではなかった。崔さんの「映画をイチからやりなよ」という無言のメッセージには勇気づけられ、おかげで「岸和田少年愚連隊」(96年)が出来上がった。戦友・崔さんのエールのおかげだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ