てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

「人生相談は…」後輩芸人に慕われるTAIGAの不器用な真っすぐさ

公開日: 更新日:

「今日もウーバーイーツ、配ってきた」
 (TAIGA/日本テレビ系「午前0時の森」11月15日放送)

 ◇  ◇  ◇

 体調不良で欠席をした番組MC、オードリー若林正恭の代役を務めたのは、なんとTAIGA(47)だった。オファーがあったのは2時間前。「荷が重いよ、テレビ慣れてないんだから!」と言ってTAIGAが続けた一言が今週の言葉だ。

 2021年1月21日の「アメトーーク!」(テレビ朝日系)の「40歳過ぎてバイトやめられない芸人」に出演した通り、現在もウーバーイーツのバイトをしている。14年の「R-1ぐらんぷり」(フジテレビ系)ファイナリストでもある実力者だが、昨今ではなかなか売れない「おっさん芸人」として取り上げられることが多い。

 また、何よりオードリーやぺこぱ松陰寺太勇の師匠格として脚光を浴びている。松陰寺に衣装を着物からスーツに変えるようにアドバイスし、ブレークのきっかけをつくった。若林も「人生の問題はTAIGAさんに相談する。お笑いのことは相談したことないけど(笑)」(日本テレビ系「午前0時の森」22年11月22日放送)と言うように、豊富な人生経験と人間性で多くの後輩芸人に慕われている。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実