桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

仲野大賀が今、引っ張りだこの理由 3作品で主演、NHK「拾われた男」も好評で絶好調

公開日: 更新日:

 若手の仲野太賀の活躍がめざましい。今年だけでも「拾われた男」(NHK)、「初恋の悪魔」(日本テレビ系)、「ジャパニーズスタイル」(テレビ朝日系)と3本の連続ドラマで主演(うち1本はダブル主演)。すっかり主演が板についてきた。13歳で芸能界入り。当時の芸名は「太賀」だった。2008年の映画「那須少年記」で初主演。それ以後は「青い鳥」「桐島、部活やめるってよ」「男子高校生の日常」などの学園を舞台にした映画の生徒役の常連というイメージ。

 出世作は16年の宮藤官九郎のオリジナル脚本ドラマ「ゆとりですがなにか」(日テレ系)だろう。岡田将生松坂桃李柳楽優弥のゆとり世代の3人がメインのドラマだが、その中で、仲野は岡田の後輩で彼の説教をパワハラと騒ぎ、法的措置をとるゆとりモンスター・山岸ひろむを怪演した。そのモンスターぶりがあまりにもハマっていて、しばらく彼が苦手だったほどだ。そういう人は多かったらしく、「あさイチ」出演時には華丸も同じことを言っていた。

 主役を食ったような名演技を見せた仲野へのご褒美か、その後、彼の演じた山岸を主役にしたスピンオフドラマ「山岸ですがなにか」も放送している。

 菅田将暉がある番組で「演技がうまいと思う人は誰?」と聞かれて、「同世代だと仲野太賀。あいつと出会って頑張らなと思った」と語っていたこともあった。演技に定評のある菅田将暉にも一目置かれる存在で、ともに切磋琢磨して成長した感もある。先日、その2人が「ジャパニーズスタイル」で共演。迫真の芝居を見せていたのは、いわゆる神回だった。「拾われた男」でも、ほぼ実話で原作者の俳優・松尾諭も出演しているのだが、その松尾以上に松尾になり切っているから凄い。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実