篠原涼子の紅白出場にチラつく“組織”の影…歌手活動から遠ざかっていたのにナゼ?

公開日: 更新日:

 NHK紅白歌合戦の出場者発表が今も波紋を呼んでいる。20年近く歌手活動から遠ざかっていた女優・篠原涼子(49)の名前が突然上がったからだ。東京パフォーマンスドールのメンバーだった篠原は1994年、小室哲哉プロデュースの『恋しさと せつなさと 心強さと』で大ブレイクし、同年の紅白に初出場した。その後も『もっと もっと…』『Lady Generation』などをヒットさせたが、03年を最後に新曲を発売しなくなり、女優業へとシフトしていった。ベテラン芸能記者が解説する。

「今年、19年ぶりに配信で新曲をリリースして歌手活動を再開しましたが、あまり話題にはならなかったため、今回の紅白出場には驚きました。篠原の出場は、音事協の会長が社長を務める芸能プロダクションに所属していることも関係していると言われています。最近の紅白は全体的に若い視聴者重視の人選で、世帯視聴率よりも若年層の数字を狙っています。一見、篠原はその世代から外れます。ただ、当時の彼女をよく知る世代である30代後半から40代はいわゆる『コア視聴率』の対象に含まれ、紅白もこの層に訴える歌手を入れたかった。双方の思惑が一致したのでしょう。芸能界の力学が働いている点は否めませんが、1990年代に大ブームを巻き起こした小室哲哉の楽曲史上初めて200万枚を突破した『恋しさと せつなさと 心強さと』を聞きたい視聴者もいるでしょう」

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も