玉川徹氏は来年定年も「モーニングショー」残留説…黒柳徹子「いてもいい」と“お墨付き”

公開日: 更新日:

 番組に出演してもしなくてもこんなに話題にされるテレビ報道記者は、テレビ朝日玉川徹くらいだろう。今月10日に「羽鳥慎一モーニングショー」に約20日ぶりに出演して、「外国人観光客のインバウンド」について報告すると、ネットのニュースサイトは「玉川さん生出演」と番組放送中から速報。17日には羽鳥パネルのコーナーで解説するはずだったが、前日にPCR検査で陽性となり、急きょ出演を取りやめ。すると、司会の羽鳥慎一が「きょうはお休みです」と伝えた5分後には、スポーツ紙が「玉川徹氏、新型コロナ感染」と流すなど、もうトップニュースの扱いである。

「失言騒動で事実上レギュラーコメンテーターを降り、番組からも外されてしまうのではないかと心配が広がっていましたから、『おお、復活したのか』ってなものですよ。今後もテーマを見つけて取材に出かけ、毎週木曜日に出演ということのようですね。『玉川取材』というコーナーにでもなるんでしょうか」(ネットニュースサイト編集長)

 玉川が毎日出演しなくなって、視聴率にとくに変化があったということはないのだが、番組全体が平凡で退屈になった印象は否めない。玉川の論敵の政治ジャーナリスト・田崎史郎も、なんだか手持ち無沙汰に見える。やはり、玉川のピリ辛効果は大きかったのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

    「ルフィ」が溺れたダイナマイトボディー…ピロートークから漏れた詐欺グループの全容

  2. 2
    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

    開成も麻布も実は“すべり止め”…両校を蹴って秀才が行く最高峰「筑駒」の実力

  3. 3
    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

    自民党総裁の「バカ息子」トップ5 岸田文雄、菅義偉、純一郎の息子がランクイン

  4. 4
    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

    「舞いあがれ!」次週は舞の恋愛が動き出す? 貴司への思わせぶりな態度に見え隠れするしたたか戦略

  5. 5
    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

    “スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里に海外流出を危惧する声…弁護士を通じ異例の要請

  1. 6
    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

    森七菜が完全復活に向けて猛攻勢! “月9”主演のパートナーに「間宮祥太朗」があがるワケ

  2. 7
    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

    住友化学「利益ゼロ」「配当金未定」の衝撃!トップは経団連会長、賃上げの行方は?

  3. 8
    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

    HIS創業者が退任へ…カリスマ起業家と呼ばれた澤田秀雄氏の落日とつまずきの始まり

  4. 9
    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

    2022年「大阪公立大」誕生の影響も…関関同立は理系学部中心に偏差値が急上昇

  5. 10
    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実

    ローテは残り1枠…日本ハム吉田輝星「先発」転向で待ち受ける厳しすぎる現実