「スッキリ」“後続番組”を任される日テレ女子アナの名前 打ち切り話は揉めに揉めて…

公開日: 更新日:

 日本テレビは朝の情報バラエティー番組「スッキリ」と続いて放送される情報番組「バゲット」の2番組を来年3月で終了すると発表した。2006年4月の開始以来、丸17年続いた「スッキリ」もついに終了。すっかり“日テレの朝の顔”となっていた極楽とんぼの加藤浩次(53)も降板する。さる日本テレビ関係者はこう話す。

「『闇営業問題』に端を発した加藤と吉本興業とのエージェント契約の昨年3月での終了、同時期に起こったアイヌ民族への差別的表現問題などが取り沙汰されていますが、番組終了には関係ありません。打ち切りは視聴率の低迷ですよ。今年の春以降、同時間帯1位の『羽鳥慎一モーニングショー』にダブルスコア近い差をつけられており、さらに『めざまし8』に抜かれる日さえありましたから」

 しかし、番組打ち切りの話は一筋縄ではいかなかったようだ。

「加藤の降板は8月下旬には決まっており、本人には10月には通告しています。しかし、加藤との話し合いは揉めに揉め、当初は『スッキリ』は、単にリニューアルの予定でしたが、加藤に気を使う意味から『スッキリ』を打ち切り、『バゲット』も合わせた大改革に話が発展していったんです」(番組関係者)

 しかし、そうしたゴタゴタにより、共に番組MCを務める同局の森圭介アナ(43)や岩田絵里奈アナ(27)の耳に、番組終了の情報が入るのが遅れたという。

「実は岩田アナには『スッキリ』打ち切りについては、何も伝えられておらず、12月の忘年会のあとに正式に話をする段取りになっていたんです。岩田アナは、女性誌の報道で『スッキリ』打ち切りを知ることになってしまった」(前出の番組関係者)

 それで、加藤の今後以上に、目下、局内でその去就が心配されているのが、打ち切りによって、思わぬ余波を食った岩田アナなのだという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感