ロシア在日大使館は超厳戒! 映画「スパイを愛した女たち リヒャルト・ゾルゲ」特別上映会

公開日: 更新日:

駐日大使が語ったナチスとウクライナ

 舞台挨拶にしては長く、そして政治的な主張が強まっていく。

「世界のあちこちで戦争の真実を書き換え、善を悪に、悪を英雄として見せかける動きが強まっている。残念ながら。つい先日も、ロシアが国連総会にナチス思想の台頭との戦いについての決議案を提示しました。なぜか西側諸国はこれに反対投票しました。今まで棄権投票をし続けたのに。大変心配を抱かせる傾向です。

 旧ソ連諸国同士、共にナチスドイツと戦ったウクライナでは、ナチスの思想、象徴、実態が台頭している。第2次世界大戦でナチスに協力した人物を英雄にする動きとか、民族武装集団は頭からつま先までナチスドイツの象徴、模様をタトゥーとして、入れている。まさに恐ろしいありさまです。無防備な捕虜への虐待、大量虐殺、拷問、砲撃、空爆はナチスのやり方そのものです。その真実を日本の新聞などで見つけ出すのは不可能に近いけれども、そうした真実は存在している」

 作品を観賞することによって、旧ソ連を構成していた15カ国がいかにナチス撲滅のために多大な努力を払って戦ったかが理解できる。それが日ロ間の相互理解、信頼、友好につながっていくと期待していると結んだ。

 まばらながら、拍手があがった。「そうだったの?」といった声なき声が広がっていくようでもあった。重たい塀によって隔てられた大使館内は、ロシア語が飛び交い、日本であって日本でない外国なのであった。

 来年2月から、新宿「K's cinema」で公開。

(取材・文=長昭彦/日刊ゲンダイ)

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

    女優・吉沢京子「初体験は中村勘三郎さん」…週刊現代で告白

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  1. 6
    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

    勘三郎さんがタクシーの中で私の足元に潜り込み太ももを…

  2. 7
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 8
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  4. 9
    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

    松本人志が“活動再開”に自信を深めるワケ…「A子さん」「B子さん」の決定情報つかんだとの噂も

  5. 10
    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽

    福山雅治は自宅に帰らず…吹石一恵と「6月離婚説」の真偽