芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

チャンスを“また”逃しそうな竹内涼真…梨泰院事故で「六本木クラス」続編に暗雲

公開日: 更新日:

「ぎふ信長まつり」の“木村【織田信長】拓哉”がシルバーヘアで「教場0」の撮入をにおわせたように、ハロウィーンでの悲しい事故の約2カ月前、韓国で「梨泰院クラス」の続編が作られているとの話が流れた。SNSで同ドラマの主要キャストが2年半ぶりに集合し、楽しそうにピースサインで納まった写真や動画が流出したことが、その発端だった。それは誰が見ても「梨泰院──」収録の合間のプライベートショットのようで、続編を期待するファンたちに期待を抱かせるような光景だった。

 この件の真相を言ってしまうと、写真や動画は韓国の動画配信サービス「TVING」のオリジナルドラマ「青春MT」のプロモーションだったわけだが、日本でも「六本木クラス」や竹内涼真(29)のファンがザワついた。本家が続編を作るとなれば、それに準じてリメーク版を放送した日本でも同じ動きになるだろうと予想したためだ。

 竹内側が勝手に続編に期待しているわけではない。「六本木クラス」が配信された香港、マカオ、台湾、タイなどの東南アジアでは、竹内側の予想をはるかに超える高い評価があった。配信終了直後から、「テレビ朝日」や「梨泰院クラス」の原作者、チョ・グァンジンの元には「六本木クラス」の続編を期待するファンの問い合わせが殺到する状態が続いていたという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感