二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

K-POPは世界を席巻 日本も「男性アイドル」のあり方を考え直す時期に来ている

公開日: 更新日:

 今月6日に行われた「ぎふ信長まつり」。織田信長に扮した木村拓哉見たさに沿道に集まった人はおよそ46万人。改めてキムタク人気の凄さを痛感した。

 木村を国民的なスターにしたジャニーズ事務所が今、揺れている。先月末に滝沢秀明がジャニーズアイランド社長を退任。事務所からも退社。続いて、来年5月にKing&Prince(キンプリ)の岸優太神宮寺勇太平野紫耀の3人が脱退(永瀬廉高橋海人でキンプリは継続)することを発表した。木村の光と退所者の影──。

 ジャニーズ事務所は姉のメリー喜多川氏と弟のジャニー喜多川氏の2本柱で強固な事務所を作った。ジャニー氏が亡くなり、後を引き継いだ滝沢は「タレント業を辞め社長に専念する」と並々ならぬ覚悟を語っていた。

 メリー氏が亡くなった後を引き継いだのが娘の藤島ジュリー景子氏。姉弟から身内以外の滝沢が柱の1本になった。ジャニー氏の遺志とノウハウを継承する滝沢と、母親のメリー氏から帝王学を学んだジュリー氏。就任時から「2人の間に摩擦が起きるのでは」と懸念されていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感