小室圭さんのNY州弁護士「合格」の快挙を何としても矮小化したい週刊誌

公開日: 更新日:

 週刊誌のモットーは「他人の不幸は蜜の味」である。小室夫妻には不幸になってもらわなくては困るのだ。

 女性自身(11月8日号)は、亭主だけではなく、眞子さんも批判している。メトロポリタン美術館で働きたいという希望を持っている眞子さんだが、美術館のスタッフからは、まだプロの学芸員として知識不足だといわれているというのである。渡米して1年の元プリンセス。知識不足は当然のことだろう……。

 司法試験に合格したぐらいで、あんたたちのこれからの人生がバラ色になる保証があるわけではない、考え違いするなと諭したいようである。

 そして、2人が不幸になる最大の切り札として、困ると小室の母親を持ち出してくるのが週刊誌の定石である。文春は、彼女のかつての年上の元恋人に、交際期間中の生活費と慰謝料を要求し、身の危険を感じたくだんの男性が、神奈川県警港北警察署に相談に行ったことを報じていた。今回はさらに、昨年5月に彼女が、横浜市の大学病院の口腔外科に手術のために入院していたが、その時の部屋代を払っていないと書いている。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」