小室圭さんのNY州弁護士「合格」の快挙を何としても矮小化したい週刊誌

公開日: 更新日:

 例えば、以前から眞子さんと小室圭の2人には厳しい論調で知られる週刊新潮(11月3日号)は、今年7月の試験はやさしかったと報じている。

 全体の合格率は66%で、小室が初めて受験した昨年7月の試験より3%高くなった。再受験組の合格率も23%と、前年より5%上昇した。さらに、米国外で教育を受けた受験者の合格率は前年より13%も上がったというのだが、だから何なのだろう。

 週刊文春(同)は、一応、合格したことに祝意を表してはいるが、もともと、今の事務所は司法試験に合格しようがしなかろうが、小室さんを雇い続けることになっていたのだから、合否などどちらでもよかったとしている。なぜなら、「LS(小室圭の勤めている法律事務所=筆者注)は元皇族の夫である圭さんに“広告塔”としての役割を期待しているのでしょう」(NY在住の弁護士)。

 何としても、合格から読者の目をそらせたいようだ。そのうち、小室圭は皇室や領事館のルートを使って、事前に試験問題を知ることができていたというようなフェイク情報が流れるかもしれない。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路