井筒和幸
著者のコラム一覧
井筒和幸映画監督

1952年12月13日、奈良県出身。県立奈良高校在学中から映画製作を始める。75年にピンク映画で監督デビューを果たし、「岸和田少年愚連隊」(96年)と「パッチギ!」(04年)では「ブルーリボン最優秀作品賞」を受賞。歯に衣着せぬ物言いがバラエティ番組でも人気を博し、現在は週刊誌やラジオでご意見番としても活躍中。

自民党ポスターの岸田首相の顔は「配役のしようがない顔」だった

公開日: 更新日:

 寒空の東京の住宅街の灰色のブロック塀に野ざらしのポスターに、思わず立ち止まった。「新しい時代を皆さんとともに」なんてコピーと並んで自民党の岸田のすましきった顔写真。角が破れてめくれていて、頬っぺたに“ふざけるな!”と落書きされてたぞ。

 薄汚れたブロック塀には似合っていたが、そんなイタズラをされても政治家をやっていたいんだ。このふんづまり都市の風景に妙に合っていて、笑ってしまったよ。何をどうするつもりなんだ。何の期待もない。新しい時代などとはほど遠い顔だ。

 この1年で教団ズブズブの党だと判明しただけだ。今さら貧乏な子育て所帯にビタ銭をバラまき、ガソリン代や電気代になんぼか配ったところで、新しい時代など来るものか。過去最大数の子どもの不登校も直るわけがないだろう。

 7月の選挙時は「決断と実行。暮らしを守る」なんて意味不明なポスターもあった。が、賃金ひとつ上げられないままだ。支持率もヘチマもない。元から首相の顔面じゃない。説得力がまるでない配役でキャスティングミスだった。首相は国家でなく我ら納税者の使用人だ。それが国民主権というものだ。でも、交代要員がいないか。「皆さんとともに」って、こっちは共に生きるつもりもないのだが。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感