碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

川口春奈「silent」は“もどかしさ”が切ない 繊細な表現をする目黒蓮に拍手

公開日: 更新日:

 川口春奈主演「silent」(フジテレビ系)が、ますます目の離せないドラマになっている。

 高校生の紬(川口)と想(目黒蓮)は、周囲も認める似合いのカップルだった。しかし卒業後、想は突然姿を消してしまう。それから8年。偶然出会った想は「若年発症型両側性感音難聴」で耳が聞こえなくなっていた。それが紬と一方的に別れた理由だったのだ。

 8年の間には変わったことと変わらないことがある。紬は高校時代の仲間である湊斗(鈴鹿央士)と付き合っている。想には彼を慕う、ろう者の奈々(夏帆)がいる。だが紬と想の中で、互いの存在は消えていなかった。湊斗は2人のため、そして自分のためにも紬と別れようとする。

 本作の秀逸さは、言葉に頼り過ぎない物語構築にある。思ったことを何でもセリフとして語らせるドラマとは異なるのだ。3人の「会話」はスマホを活用したものになっている。とはいえ、当然のことながら限界がある。微妙なニュアンスが十分に伝わらない“もどかしさ”が切ない。

 見る側は、わずかな沈黙の時間や表情の中に、彼らの気持ちや言葉にならない思いを探り、想像し、自分なりに補っていく。その共感性もしくは共振性こそが、このドラマのキモと言っていい。

 川口はもちろん、間の取り方や表情の変化などを繊細に表現している目黒にも拍手だ。

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  2. 2
    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

    若林志穂が語った昭和芸能界の暗部…大物ミュージシャン以外からの性被害も続々告白の衝撃

  3. 3
    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  4. 4
    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

    「大谷は食い物にされているのでは」…水原容疑者の暴走許したバレロ代理人は批判殺到で火だるまに

  5. 5
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  1. 6
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  2. 7
    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

    小池都知事の学歴詐称を実名告発(上)カイロ大入学時期の決定的なウソ、本当は語学学校の初級コースに通学

  3. 8
    勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

    勤務先のスーパーで万引き繰り返す…63歳「万引Gメン」の犯行動機と事件が発覚したワケ

  4. 9
    小池都知事は「カイロ大卒」について国会議員時代は何と言っていた? 学歴詐称疑惑はいよいよ佳境に

    小池都知事は「カイロ大卒」について国会議員時代は何と言っていた? 学歴詐称疑惑はいよいよ佳境に

  5. 10
    TBS「アンチヒーロー」好発進でも立ちはだかる重い課題 「VIVANT」のネトフリ惨敗リベンジなるか?

    TBS「アンチヒーロー」好発進でも立ちはだかる重い課題 「VIVANT」のネトフリ惨敗リベンジなるか?