「クロサギ」で黒島結菜に求められる引きの演技 「キャンキャンやめて」のセリフに視聴者同意

公開日: 更新日:

《可愛くなくて、つっけんどんで、無表情でヒロインとして微妙すぎる》

黒島結菜さん、嫌いじゃないけど、やっぱり、また単調な演技。沖縄弁じゃないまんま暢子だわ》

《黒崎の「キャンキャンやめてもらっていいですか?」のセリフに同意した視聴者多かっただろうな。演技がうるさすぎる》

 と酷評の対象となっているのは、ドラマ「クロサギ」(TBS系)のヒロインを演じる黒島結菜(25)だ。主人公・黒崎高志郎役をKing & Prince平野紫耀(25)が演じている。

 同作は、同じTBS系で2006年に放送されたドラマのリメイク。06年版ではヒロインの吉川氷柱を堀北真希(34)が演じており、ネットでは当然、堀北の演じたヒロイン像と黒島の提示したヒロイン像を比較するコメントが飛び交っていた。

 黒島がヒロインを務めた前期のNHK朝ドラ「ちむどんどん」の脚本と、主人公・暢子の不評ぶりから、今回の「クロサギ」で汚名返上となる演技を見せてくれると期待していた視聴者も多かったが、クロサギでの高音でわめくシーンに暢子を思い出し、落胆している人も多いようだ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も