二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

芸能人に「福岡県出身」なぜ多い? 今田美桜と橋本環奈は地元事務所に所属

公開日: 更新日:

 芸能界で活躍する人の出身地は今や全国に及ぶが、昔から変わらぬ出身者の多さで他を圧倒しているのが福岡県だ。

 故・高倉健さんを筆頭にタモリ、井上陽水、郷ひろみ松田聖子。遅咲きだが吉田羊も久留米市の出身。しかも、大半の人が各分野でトップに立つ人気を誇る。芸能関係者によれば、「ジャンルを超えて芸能人の福岡県人会を開き飲んでいるそうで、みんな博多弁で和気あいあい。絆までできている」という。

 福岡県の歴史をひもとくと「根っから明るく芸事が好き」という気質もあるようだが、芸事をしやすい土壌ができていることが大きい。若手女優を例にとると、今田美桜(25)は今年、映画「東京リベンジャーズ」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。今年、「悪女(わる)~働くのがカッコ悪いなんて誰が言った?~」でドラマ初主演。来年の映画出演も決定。次世代女優としてさらなる飛躍が期待されている。

 今年の「紅白」で紅組の司会に決定した橋本環奈(23)も福岡県出身。個人的には白組の司会が大泉洋なら大河で共演した小池栄子が有力とみていたが、伸び盛りの若手女優・橋本に白羽の矢が立った。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感