児島未散さん 父・宝田明さんが急逝「歌手を目指した本当のきっかけは『父の“歌う姿”』に憧れていたから」

公開日: 更新日:

児島未散さん(歌手/55歳)

 華々しくデビューしたのは高校3年だった1985年。父は今年3月に亡くなられた名優・宝田明さん、母はアジア初のミス・ユニバース世界大会優勝者の児島明子さんというサラブレッド。90年には「ジプシー」が大ヒットし、95年放映の「3年B組金八先生」第4シリーズでは英語教師を演じて話題に。だが、98年に米国留学のため芸能界から身を引いた。さて、今どうしているのだろう。

  ◇  ◇  ◇

「10月13日19時30分から今年2回目の無観客有料配信ライブ『“音温”(オトオン)~みっちーのMusic Room Ⅱ~』を開催します。前回が4月でしたから半年ぶり。今回は、ファンの方々からのリクエストを中心に去年5月にリリースした、デビュー35周年記念アルバム『Sing for you…』収録のオリジナル曲を加えて、1部・2部構成でお届けしようと思っています」

 児島さんは2002年に帰国。16年から歌手活動を再開していた。

「米国では、ロサンゼルス南郊に住み、日本とは別の視点から音楽を学んでいました。帰国後に結婚・出産があって、大人の事情でシングルマザーに。以来、ずっと子育てに追われ、歌とは無縁の生活だったんです」

■辻井伸行さんの演奏を見て決意

 転機は13年。ピアニストの辻井伸行さんの演奏をテレビで見て、心の琴線に触れる美しいメロディーに涙が出るほど感動した。

「歌って、凄いなって思うと、心の中にあった“私はもう歌わない”という壁が一気に崩壊。純粋にもう一度歌いたい、歌ってみよう! って気持ちになりました」

 親身にサポートしてくれたのは、徳永英明や大友康平、浜田省吾らの元ツアーメンバーで、AKB48に楽曲提供もした音楽プロデューサーの故・池間史規さんだった。

「いざ意気込んだものの、90年代よりさらに音楽業界を取り巻く環境は厳しくて、何度も挫折しかけました。そんな時、池間さんが励ましてくださったからこそ、ステージに立てたんです。ところが……」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感