碓井広義
著者のコラム一覧
碓井広義メディア文化評論家

1955年長野県生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。千葉商科大学大学院政策研究科博士課程修了。博士(政策研究)。81年テレビマンユニオンに参加。以後20年、ドキュメンタリーやドラマの制作を行う。代表作に「人間ドキュメント 夏目雅子物語」など。慶應義塾大学助教授などを経て2020年3月まで上智大学文学部新聞学科教授。専門はメディア文化論。著書に「倉本聰の言葉―ドラマの中の名言」、倉本聰との共著「脚本力」ほか。

日テレ「ファーストペンギン!」奈緒の“主演女優宣言”とも言える名シーン!

公開日: 更新日:

 連続ドラマの第1話で大事なことは何か。脚本家の倉本聰は、新著「脚本力」の中でこう言っている。

「お客を可能な限り早く、その世界に引きずり込むということがドラマの鉄則じゃないかと思う。その吸引する速度、吸引するまでの時間というのをうんと短縮してやる必要がある」

 その意味で、5日に始まった「ファーストペンギン!」(日本テレビ系)は見事だった。主人公は食い詰めたシングルマザーの和佳(奈緒)。彼女が崖っぷちに立つ漁師の片岡(堤真一)たちと一緒に漁業と自分の人生の起死回生を目指す物語であることを冒頭の5分で伝えていたからだ。

 港町のホテルで仲居となった和佳。ある宴席で彼女の仕事ぶりを目撃した片岡は、寂れた港の「再生」に手を貸して欲しいと頼み込む。和佳の目から見ると、漁師たちの苦境の原因は漁協にあった。船の燃料の調達から流通まで、仕事の全てを支配されているのだ。

 和佳は漁協から離れ、消費者と直接つながる方策を提案するが、片岡たちは尻込みする。すると和佳がキレた。「このままじゃ浜は死ぬ。何とかしてくれって泣きついてきたのは、どこのどいつだよ!」と怒涛のタンカが止まらない。これが奈緒の“主演女優宣言”とも言える名シーンとなった。

 脚本は「義母と娘のブルース」などの森下佳子。奈緒の代表作となる予感とともに期待が膨らむ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

    コロナ飲み薬「ゾコーバ」に医療現場がソッポのナゼ…政府はコロナ補助金の精査を

  2. 2
    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

    美談にしてはいけない 逮捕歴を報じられたEXIT兼近の所業

  3. 3
    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

    黒幕「ルフィ」ワルの履歴書 凶悪犯行手口の“原点”は11年前の札幌強盗事件

  4. 4
    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

    巨人ドラ1浅野を侍Jに緊急招集?メジャー組が宮崎合宿不参加濃厚で“壮行試合の外野”に浮上

  5. 5
    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

    侍J先発4本柱の佐々木朗希にWBC途中離脱が浮上…登板1試合でシーズン調整に専念か

  1. 6
    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

    山里亮太も加藤浩次も胸中モヤモヤ…「スッキリ」後釜番組にNHK武田真一アナ就任報道の波紋

  2. 7
    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

    いしだ壱成“一目ぼれ”の18歳下美女と熱愛→破局…金欠状態で「東南アジア進出」を目指す公算は?

  3. 8
    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

    官邸内で“ドラ息子”翔太郎氏の更迭論が浮上…岸田首相の切りたくても切れない「裏事情」の根深さ

  4. 9
    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

    SMAPはバラバラになっても“別格”だった 解散後も全員が順調に活動しているレアケース

  5. 10
    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ

    火曜夜の恋愛ドラマ対決は大石静「星降る夜に」に軍配? 北川悦吏子ドラマに辛口のナゼ