TBS国山ハセンも異業種へ転職…もう局アナなんて「一生の仕事」じゃないのか?

公開日: 更新日:

 TBSアナの国山ハセンが年内いっぱいで退社し、「新しい道」に進むという。詳細は明らかにしていないが、「来年からアナウンサー職ではなく、また新たな環境で精進致します」というから、テレビとはまったく違う仕事に就くということだろう。国山は中堅アナのエースだが、最近はこうした人気局アナの異業種転職が相次いでいる。

 テレビ朝日では富川悠太がトヨタ自動車所属のジャーナリスト、大木優紀はネット旅行会社、日本テレビ桝太一は同志社大助教、NHKでも近江友里恵が三井不動産、松苗竜太郎は富士通、TBSの伊東楓は絵詩集を出版してドイツに留学した。

 少し前にも、島津有理子(元NHK)が医師を目指して東海大医学部に入学、田中大貴(元フジテレビ)はスポーツコンサル会社を設立し、青山愛(元テレ朝)は国連職員として働いている。いずれも脂が乗ってきた旬という時に、なぜなのか……。

「アナウンサーは世間の認知度も高く、華やかな職業ですが、いわば専門職なので、テレビ局内での評価は決して高くありません。役員待遇のアナはいますが、アナウンス部門のトップはアナウンサー出身ではなく、編成局などエリート部署からの異動がほとんどです。NHKの武田真一がアナとして初めて理事になるかどうかと注目されるくらい、アナウンサーは出世と無縁です。看板アナなんて言われていても、いずれ出演番組は減り、ボーナスは激減します。どんなに経験を積んでスキルアップしても、最後は飼い殺しですよ」(キー局アナウンサーOB)

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  2. 2

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    大谷はシーズン後半戦、三冠王へまっしぐら ドジャース投壊がむしろ追い風になる理由

  5. 5

    夏休み到来! 我が子をテレビやゲーム、YouTube漬けにしない「割と簡単にできる方法」

  1. 6

    巨人選手を軒並み“チキン”にしたのは誰の仕業? 阿部監督ついに激怒「チャンスなのに悲壮感」

  2. 7

    阪神岡田監督の焦りを盟友・掛布雅之氏がズバリ指摘…状態上がらぬ佐藤輝、大山、ゲラを呼び戻し

  3. 8

    大谷の「左翼守備」前倒しに現実味…ドジャース投壊で「DH問題」は輪をかけて深刻に

  4. 9

    中日ポスト立浪は「侍J井端監督vs井上二軍監督」の一騎打ち…周囲の評価は五分五分か

  5. 10

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路