芸人仲間が売れていく姿を見て、嫉妬で頭がおかしくなりそうだった

公開日: 更新日:

 大阪での仕事は順調で、そうなると次に目指すのは東京進出です。よく大阪芸人の間では「芸人は大阪で売れても、東京でもう一度売れなければならない」と言われますが、まさにその通り。やっぱり大阪だけでは全国区じゃないんですわ。

 あの頃は芸人仲間と飲みながら、どうやったら東京のテレビに引っかかるか、どうやったら売れるのかってそんな話ばっかりしてた。よく一緒にいたのが千鳥大悟さん、南海キャンディーズの山里亮太、ネゴシックス。この中では大悟さんが兄貴分で山里なんかはモロに「兄貴!」って呼んでましたね。あとの3人は仲間というよりライバル、いや敵同士かな。

 この中で一番最初に東京で売れたのは山里です。2004年のM-1で決勝に進出して、そのままテレビにも呼ばれるようになるんやけど、目に見えて売れていく様子を横目に、俺は落ち込みまくってた。

 あの頃みんなで飲んでると、よく山里が大悟さんに向かって「実はあの番組の出演が決まったんす!」とか有名番組の名前を言い出して。大悟さんはお笑いはトガっていても器がデカいから「おめでとう」って笑って喜んでるんやけど、俺とネゴシックスは下向いたまま黙ってメシ食ってましたわ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

    「アンチヒーロー」近藤華にブレークの予感…長谷川博己と互角の「泣きの演技」は両親譲りの“才能”か

  2. 2
    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

    山本由伸が負傷離脱 原因はドジャースの管理体制にあらず…登板前日に見せていた“前兆”

  3. 3
    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

    阪神岡田監督の去就を左右する親会社、後継者事情、健康問題、糟糠の妻・陽子夫人

  4. 4
    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

    相続する前に親に処分しておいてほしいもの 2位は「不動産」…では1位は何だ?

  5. 5
    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

    山本由伸の「右肘」をドジャースは入団前から危惧! 超大型契約の中には“伏線”も

  1. 6
    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

    「アンチヒーロー」木村佳乃&大島優子キャスティングで見えた日本のドラマの限界…最終回は視聴率アップ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

    朝ドラ「ばけばけ」小泉八雲は《村雨辰剛で決まり!》でファン一致 ヒロインは今度こそ小芝風花で違和感なし?

  4. 9
    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

    86歳日枝久氏が居座り続けるフジテレビの未来…視聴率は低迷し営業利益は約30%減

  5. 10
    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も

    三田寛子ついに堪忍袋の緒が切れた中村芝翫“4度目不倫”に「故・中村勘三郎さん超え」の声も