立川談春の独演会に出演「『おまえのこと、認めたよ』という意味合いの笑いと拍手でした」

公開日: 更新日:

 2006年3月、三三は真打ちに昇進。入門13年、5人一緒の昇進であった。

「抜擢でもなく、当時としてはスタンダードな昇進でした。ただこの年は、僕にとって転機となるようなことがいくつか起こりました。その一つが談春兄さんの会に出してもらったことです」

 2006年秋、立川談春は東京芸術劇場で「談春七夜」という7日間連続の独演会を催した。その会の前座代わりに、三三を起用したのだ。当時、立川流と絶縁状態にあった落語協会の若手を出すのは異例のことだ。談春はよほど三三に目をかけていたと思われる。

「7日のうち5日出させていただきました。当然立川流のお客さまばかりですので、最初のうちはやりづらかったのは確かです。6日目に談春兄さんが三遊亭円朝作の怪談噺『重信殺し』をやるに当たって、その前段の『乳房榎』をできるかと前日に聞かれたので、『できます』と答えたら、『明日やれ』と言われまして(笑)。必死に稽古して演じたら、客が食いついたのがわかりました。翌日の千秋楽でやった『突き落とし』もよく受けて、それは立川流のお客さまが、『おまえのこと、認めたよ』という意味合いの笑いと拍手でした」

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前