テレ朝・玉川徹氏は鎮火せず、NHK解説委員・岩田明子氏の時は…番組発言“炎上騒動”の大違い

公開日: 更新日:

《降板だよ。降板》

《発言の問題以上に局の報道姿勢が問われているだろう》

《誰でも勘違いはある。すでに謝罪しているのだから出勤停止は自主規制し過ぎではないか》

 賛否両論の声は広がるばかり。テレビ朝日の情報番組「羽鳥慎一モーニングショー」の生放送中、安倍晋三元首相の「国葬」に関して無関係だった大手広告代理店「電通」の名前を挙げたとして、出勤停止10日間の謹慎処分となったコメンテーターの玉川徹氏についてだ。

 MCを務めるフリーアナウンサーの羽鳥慎一は5日、同番組の冒頭、「玉川さんの発言によりまして、ご迷惑おかけしました各方面の方々、そして不快な思いをされました各方面の方々、さらに視聴者の方々、大変申し訳ありませんでした」などと謝罪したが、ネット上の“炎上”は収まる気配がない。

 批判的な意見として多く見られるのが、公共の電波で嘘を言った、政治的な発言で世論を誘導した、という2点だ。とりわけ、玉川氏がふだん自民党政権に対して厳しい見方を示していたためか、《この男は極左だった》《安倍政権の揚げ足取りばかりやっていた人だった》《政治的中立、公平さを欠く》といった投稿だ。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  2. 2

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  3. 3

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  4. 4

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  5. 5

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  1. 6

    パリ五輪辞退の宮田笙子は再起できるのか…境遇が重ねられるバトミントン桃田賢斗はその後

  2. 7

    ひっそりと存在消された NHK“車上不倫”人気アナカップル

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    スピードワゴン小沢一敬は松本人志と一蓮托生で復帰不可能か…幸せの骨頂の相方とは絶望的格差