元アイドル歌手 姫乃樹リカさんは今…「子供たちが家を出て、ちょっと空の巣症候群です」

公開日: 更新日:

姫乃樹リカさん (元アイドル歌手/50歳)

 1980年代に放送されていたアイドルバラエティー番組「モモコクラブ」(TBS系)は、月刊誌「Momoco」(学習研究社)出身の酒井法子や畠田理恵らのちに大活躍するタレントを多く輩出した。姫乃樹リカさんもそのひとりで、歌のうまさが際立っていた。姫乃樹さん、今、どうしているのか。

 ◇  ◇  ◇

「9月15日の朝に日本に到着しました。28年ぶりに『MAGIC』というマキシシングルCDをリリースし復活ライブを行うので、1カ月くらい滞在する予定です」

 銀座の会議室で会った姫乃樹さん、まずはこう言った。米ワシントンD.C.から車で約20分の、夫の出身地・バージニア州在住。日本は昨年のレコーディング以来、約1年ぶりだ。

「24歳のときに8歳年上の米国人のロックベーシストと結婚し、子供が3人生まれたので、必死で子育てしていました。ところが、3年前、25年ぶりぐらいに1人で日本に里帰りできるチャンスが生まれたので、昔の音楽仲間に連絡したら『ライブをやろうよ!』という話が出まして。『え!』と思いつつも、自宅で2カ月ほどボイストレーニングして本番に臨んだら、気持ちよく歌えて、ただただうれしかった。『これからは新曲作って、毎年ライブをやっていこうよ』と盛り上がったんです」

 2020年の年明け前後から新型コロナが世界中で猛威を振るい始め、歌手活動どころではなくなった。ようやく落ち着いてきた今、再開となったわけだ。
とはいえ、日米を股にかけて活動するとは、アクティブなママさんだ。

「孫もいますよ(笑)。26歳の元チアリーダーの長女が軍人と結婚し、4歳と2歳の子供がいるんです。24歳の長男は東京五輪候補にもなった元体操選手で、今はサンフランシスコで投資銀行のアナリストに。20歳の次女は大学生兼ダンサーで、今、フロリダ州マイアミのNBAチームに所属しています。長女家族がウチの近くに住み、よく行き来していますが、子供たちがみんな家を出て、今は夫と2人暮らし。ちょっと空の巣症候群ですね」

 聞けば、自宅は東京ドーム4個分の敷地に立ち、ベッドルーム6室、バスルーム3、トイレ4とかなり広い。さすが米国。ウサギ小屋住まいの日本人からすると羨ましい限りとはいえ、2人暮らしには広すぎるかもしれない。

「幸い、主人は人を笑わせることをずっと考え、いつも冗談を言っている楽しい人。私の活動を応援してくれていて、今回のライブにも出演予定です。主人は、今は父親の仕事を継ぎ、電気技師として仕事をしていますが、音楽は今も一緒に楽しんでいますよ。独立記念日に庭に特設ステージを作って『ウィー・アー・ザ・ワールド』を歌ったり(笑)」

 仲良しで何より。

「主人とは私が20歳のときに、私のレコーディングのヘルプに入ってもらって知り合い、その後、私が英語を本格的に学びたくて米国留学したとき、いろいろと助けてくれて仲良くなりました。主人は私と初めて会ったときに『結婚したい!』と思ったそうです。私は長髪のロッカーと結婚するなんて夢にも思っていませんでしたが(笑)。実家の母親の猛反対を何とか説得して結婚し、今も仲良く一緒に暮らしているのだから人生ってわかりませんね」

 子育てをしながら、航空会社のグラウンドスタッフとして働いたことも。現在は歌手活動や孫のお世話のほかは、畑でキュウリ、ピーマン、ゴーヤーなどを栽培し、丁寧に料理をして食す日々だ。

「味噌や梅干しも手作りしています。16年前、胞状奇胎(異常妊娠)で緊急手術を受け、絨毛がんになる可能性が高いということで抗がん剤治療を受けました。それを機に、体のことを考え勉強するようになったんです。学校へ通ってマッサージ師の資格を取得し、元サッカー女子日本代表の沢穂希さんに施術をしたこともあるんですよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

    山口百恵から「ナオコさん、誰にも言わないでね…」と衝撃の告白

  2. 2
    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

    「三浦瑠麗」という虚像は需要と人選ミスが生んだ…最初からいかがわしかった

  3. 3
    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

    三浦瑠麗氏は夫の会社が訴えられ崖っぷち…テレビ地上波から追放危機、各界からも袋叩き

  4. 4
    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

    上田美由紀死刑囚が獄中死前に見せていた異変…文通を続けたライターに八つ当たり

  5. 5
    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

    侍J宮崎合宿は大谷らメジャー選手全員不参加の危機…日本側が億単位の巨額保険料負担に

  1. 6
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  2. 7
    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

    全国駅伝で一躍人気“スーパー中学生”ドルーリー朱瑛里 早くも心配なマスコミとファンの過熱

  3. 8
    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

    三浦瑠麗はバカとデマゴーグの「ハイブリッド型」 メディアはなぜ使い続けるのか

  4. 9
    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

    冬ドラマで残念な「大病院占拠」櫻井翔と「6秒間の軌跡」本田翼…新境地開拓には実力不足

  5. 10
    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感

    社民党・福島みずほ党首に上から目線 三浦瑠麗氏の発言に強烈な違和感