初回視聴率「ちむどん」以下、北ミサイル発射で放送中止…朝ドラ「舞いあがれ!」成功の条件

公開日: 更新日:

 3日に第1回が放送された2022年後期のNHK朝ドラ「舞いあがれ!」の平均世帯視聴率は16.3%だったことが分かった(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)。前作「ちむどんどん」の初回は16.7%、前々作「カムカムエヴリバディ」は16.4%だったらから、いずれも下回ってしまった格好だ。

 朝ドラ通算107作目。ヒロインを演じるのは、福原遥(24)。2009年から13年までNHK・Eテレの子供向け料理番組「クッキンアイドル アイ!マイ!まいん!」で「まいんちゃん」として出演していた子役出身。東大阪で町工場を営む家庭で育った岩倉舞(福原遥)が、祖父が暮らす長崎県の五島列島で「ばらもん凧」に魅せられ、大空への憧れを描き、パイロットを目指すというストーリー。

 しかし、初回視聴率が思いのほか伸びなかったのは、9月30日に最終回が放送された前作「ちむどんどん」の不人気の影響を受けた可能性がある。

 結局「ちむどんどん」の視聴率は一度も20%台に達することはなく、最終回も16.7%どまり。全話平均視聴率も15.8%で、2010年に朝ドラが現在の放送開始時間になって以来の25作品の中で、最下位の数字となってしまった。同作の無理筋のストーリー展開には多くの視聴者が違和感を覚え、SNS上では「 #ちむどんどん反省会 」のタグが登場するほどだった。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

    若林志穂vs長渕剛の対立で最も目についたのは「意味不明」「わからない」という感想だった

  2. 2
    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

    SMAP再始動「99%」に現実味…“旧ジャニ体制打破の象徴”と機運高まるも本格化には高い障壁

  3. 3
    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

    松本人志“性的トラブル報道”へのコメント 優木まおみが称賛され、指原莉乃が叩かれるワケ

  4. 4
    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

    (6)「パンツを脱いできなさい」デビュー当時の志穂美悦子に指示したワケ

  5. 5
    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

    キムタクは今どうしている? 画面から消えても誰も何も困っていない現実

  1. 6
    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

    【巨人編(2)】阿部監督に直接尋ねた前エース菅野智之の起用法と不安を感じた外野争い

  2. 7
    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

    『連獅子』で長三郎が登場したときの拍手の大きさは「歌舞伎座が揺れた」と感じたほど

  3. 8
    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

    完全復活を遂げた吉田羊と"7連泊愛"中島裕翔の明暗…恋路を阻んだ"大物"による8年前の追放劇

  4. 9
    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

    元シブがき隊・本木雅弘はなぜ潰されなかった? 奥山和由氏が明かしたメリー氏の「圧力」

  5. 10
    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」

    オリックス新エース宮城大弥が明かす「メジャー挑戦」と「山本由伸」