女優・黒木瞳さん「母の味のうどん屋さんを黒木町で開きたい」まずは来年1日限定で

公開日: 更新日:

黒木瞳さん(女優)

 女優の黒木瞳さんの死ぬまでにやりたいことは、地元の福岡県八女市黒木町でうどん屋さんをすること。それは幼い頃に見た風景のひとつだった。祖母と両親の苦労体験を振り返りながら、プライベートの夢を語ってくれた。

  ◇  ◇  ◇

 私の父方の祖母は博多にお嫁に行ったのですが、夫と幼い娘を腸チフスで2週間の間に亡くしました。亡くなった長女の弟、1歳くらいの男の子が私の父。祖母は幼い父を連れて、地元の黒木町に帰るしかなかったようです。

 ひとりの女性が、2週間のうちに夫と幼い娘を亡くすということは、想像するだけで私ならとても耐えられないことです。

 祖母は間借りをして駄菓子屋みたいな小さな店を始め、その後うどん屋を開き、再婚をしました。父が結婚し、母はうどん屋を手伝っていました。

 そしてうどん屋が食堂になり、さらに料理屋さんに変わっていき、賑やかな店になっていった様子を、私は物心ついた年齢からずっと見てきたのです。祖母が亡くなってからも母が店を続け、夜遅くまで賑わっていましたから、私は母ともっと接したくて寂しい気持ちもありました。私が宝塚に入る前の1970年代後半まで店をやっていました。

 私は宝塚歌劇団に入り、85年に退団して芸能界へ。娘が生まれた時期は仕事がすごく忙しかったので、母が東京まできてくれて、私の夫や娘のためによくうどんを作ってくれました。その頃、母からうどんをはじめ、店で出していた親子丼やちゃんぽんなどいろんな料理を教わりました。母が一番得意なのはやはりうどん。

■鶏ガラがポイント、関西とも東京のうどんとも違う

 1キロの鶏ガラを煮込んで出汁を取る九州のうどんですが、母は「東京に鶏ガラ売ってない」と。でもたまたまあるお肉屋さんで手に入れることができました。これが絶妙においしいんです。関西とも東京のうどんとも全然違います。やはり鶏ガラがポイントですね。

 私は麺を手打ちで作ることもありました。これはメチャクチャしんどいですけど、おいしいですよ。

 故郷では4月中旬から5月上旬にかけて八女黒木大藤まつりがあるのですが、できれば来年、1日限定でうどん屋さんを開きたいんです。これが近い目標。

 小さな町ですから保育園から高校までずっと一緒の、すぐ集まってくれる友達がたくさんいます。家族や親戚、そして同級生が多く地元にいますから。私もみんなも故郷とのつながりが濃いんでしょうね。

 私が「お祭りでうどん屋さん、やるよ」と言ったなら、集まってくれると思います。

 実は「ショートショートフィルムフェスティバル」(代表は俳優の別所哲也)に、私が故郷を舞台に監督した作品をコンペティションに応募したらノミネートされ、いろんな映画祭で上映されていて、故郷でも今秋上映されました。その時、故郷で仲のいい友人と、「来年、八女黒木大藤まつりでどうやってうどん屋を出すか」打ち合わせしました。全て故郷の食材を使おうかとか計画を立てるのも楽しかったです。

 その1日限りのうどん屋さんで、もし経費以外に利益が出ましたら、八女市の方々の役に立てるようにしたいなあと思っています。

 そして死ぬまでの目標は、母の味のうどん屋さんを黒木町で開きたい。もちろん女優としての仕事はやっていきますが、女優とは全然違うプライベートな夢です。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

    森保監督は続投要請を固辞か…重圧激務に合わない低年俸、アジア金満クラブや各代表が垂涎

  2. 2
    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

    沢尻エリカ「ラウンジ勤務説」も24年の女優復帰が濃厚…片瀬那奈の会社員転身で気になる現在

  3. 3
    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

    森保J激闘125分も4度目“8強の壁”に散る…お粗末PK「3本失敗」で露呈したひ弱さと経験不足

  4. 4
    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

    日本代表敗戦コメント 森保監督「選手たちは新時代を見せてくれた」浅野「クソみたいなプレーだったけど、それがオレ」

  5. 5
    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

    前田大然が待望のW杯初ゴール 本田圭佑も激賞した献身性は1年謹慎の挫折から生まれた

  1. 6
    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

    高級食パン「乃が美」はやっぱりピンチ? FCオーナー告発、創業者退任で気になるブームの行方

  2. 7
    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

    東出昌大「三好達治が別れた妻子に仕送りしたかった気持ちは、もちろんボクには分かる」

  3. 8
    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

    巨人新助っ人ビーディ「千賀級」のマユツバ…速球は棒球&シンカー沈まず、格好のカモ?

  4. 9
    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

    中居正広に重病説飛び交うも…「詳細は慎みたい」に見る売れっ子ゆえの“ジレンマ”

  5. 10
    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?

    戸田恵梨香"おめでた"に水を差す映画「母性」興行成績 敗因は永野芽郁のキャスティング?