香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

公開日: 更新日:

 ノンフィクション作家の佐野眞一が亡くなった。享年75。佐野が週刊朝日で橋下徹大阪市長(当時)のルーツに触れ、批判を浴び、作家生命を絶たれようとしていた。そんな時、彼に、「今こそノンフィクションとは何かを問え」と言って、「ノンフィクションは死なない」(イースト新書)を書かせた。普段はしかつめ顔だが酒を飲むと楽しい男だった。合掌。

 さて、俳優の香川照之(56)や燃料油販売最大手ENEOS会長だった杉森務(66)が、高級クラブでホステスに「性的暴力」を振るったことが話題になっている。

 香川は2019年7月、銀座のクラブでホステスの服の中に手を入れ、ブラジャーを剥ぎ取り、一緒にいた客とにおいを嗅いだうえ、彼女にキスを強要し、服の中に手を入れて乳房をなでまわしたという。

 杉森は今年の7月1日、沖縄の高級クラブで、ホステスのドレスの中に手を入れて胸を触り、それでは飽き足らず、腕で強引に首を絞めるような格好で唇を奪ったそうだ。

 女性は幾度も拒んだが、杉森は「銀座では普通だよ、こんなの」「いいから乳首、触らせろ」などとしつこく迫り、ついにはドレスを強引に脱がし、上半身を素っ裸にしてしまったというのである。

 衆人環視の中で理不尽なことをされた女性は、その場に泣き崩れたそうだ。“事件”後、2人の被害女性はともにPTSD(心的外傷後ストレス障害)を患ってしまったという。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

    ギネスが公認した世界一の身体改造カップルが語る「最も苦痛だった施術」は…?

  2. 2
    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

    日本がコスタリカにまさかの敗戦…釜本邦茂氏「前半開始後すぐに感じた悪い予感が当たってしまった」

  3. 3
    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

    グラドル岸明日香さん「日本のグラドル文化を中国で広めたい!」

  4. 4
    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

    森保J絶体絶命…スペインがドイツに引き分けで“本気の無敵艦隊”と決勝T進出懸け戦う最悪展開

  5. 5
    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

    山口智充「温泉ロケでタオル入浴ヤメロ!」発言でNHK「あさイチ」が慌てた“局部露出”論争

  1. 6
    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

    テレ朝・玉川徹氏謝罪の裏にあったW杯コスタリカ戦「放送枠」を巡る熾烈な争い

  2. 7
    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

    ミランダ・カーは3児のママ…「今、4人目の子供をせがまれているの」

  3. 8
    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

    更迭秒読み秋葉復興相の次の“辞任ドミノ”候補は岡田地方創生相! 地元にバラまいた「維持管理料」の非常識

  4. 9
    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

    鈴木福が芦田愛菜と同じ名門大に進学報道 「マルモリ」から12年で“神童の相方”とコンビ復活?

  5. 10
    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前

    カブス鈴木誠也が明かしたWBCの実情…選手出場を球団が「全面支援する」はあくまで建前