てれびのスキマ 戸部田誠
著者のコラム一覧
てれびのスキマ 戸部田誠ライタ―

1978年生まれのテレビっ子ライター。「芸能界」というビジネスは、いかにして始まったのか。貴重な証言を収録した「芸能界誕生」(新潮新書)。伝説の番組「アメリカ横断ウルトラクイズ」を基に描く青春群像ノンフィクションノベル「史上最大の木曜日 クイズっ子たちの青春記」(双葉社)。2つの最新著が絶賛発売中!

「パンツ」があだ名だった平子祐希は人生大逆転 お漏らし界の星になった

公開日: 更新日:

「大きい声で笑うと一軍がにらんでくる」(平子祐希テレビ朝日系「アメトーーク!」9月22日放送)

 ◇  ◇  ◇

 メンバーを一新して行われた「アメトーーク!」の名企画「中学イケてない芸人」。普段はウケるはずのトークへの反応が悪いと感じたアンガールズ田中が「いまいち、みんなが笑ってくれないよね?」とメンバーに聞いた時にアルコ&ピースの平子祐希(43)が答えた一言が今週の言葉だ。

 今では“愛妻家芸人”として知られ、「イケてない」イメージはあまりないが、学生時代は「五軍中の五軍」。その中でもイジられていたから、「実質六軍」だったと明かし、ひとりレベルの違う重いトーンの話を連発した。その“地位”を決定づけたのが小学1年の時。もともとは腕力が強く「パンチ」というアダ名だったが、うんちを漏らしてしまい「パンツ」というアダ名に。平子はそこで悟った。「ああ、地元では終わったんだなって」と。

 この“事件”を詳細に語ったインタビュー(白泉社「kodomoe」2021年4月号)によると、当時はボットン便所。汚れたパンツを捨てればよかったが、平子は「なんでもかんでもものを擬人化して見ちゃうクセ」があり、「このパンツ、ずっと使ってきたのに捨てたら悲しむかな」と、水で軽く洗ってノーパン状態でズボンに挟んでいたという。だが、知らないうちに教室に落としてしまい、それが見つかり「パンツ」と呼ばれるようになってしまったのだ。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点