桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

行楽シーズン到来で旅・グルメ特番が目白押し つい引き込まれる“城特集”の魅力とは?

公開日: 更新日:

 秋、行楽のシーズン到来ということで、テレビはいつにも増して、旅情を誘うものや食欲をそそるものが多く、見ているだけで楽しい。ただでさえ出無精なのに、テレビがいろんな観光地に連れていってくれるから満足してしまう。

 興味深かったのが26日の「歴史の専門家が選ぶ難攻不落!最強の城総選挙」(テレビ朝日系)。
テレ朝の総選挙シリーズはこれまでも「うどん」「冷凍食品」「アイス」などの食品から「プロ野球名監督」「甲子園スター選手」「好きな漫画」「好きなテレビゲーム」「競馬好き1000人が選ぶ名レースベスト5」などを紹介。ランキング好き視聴者を楽しませてきた。

 元々「お願い!ランキング」から派生したもので、MCは爆笑問題とウエンツ瑛士。今回は歴史好きの石原良純、大久保佳代子、新納慎也、ビビる大木、山崎怜奈ら。そして、解説役として歴史学者の本郷和人。3時間の生番組でグダグダする時間もあったが、結局最後まで見てしまった。それもこれも、城の魅力がなせる業だ。

 旅行などで地方に出掛け、城があると足を向けてしまう人は多い。私もそのひとりで、天守閣に登らないと気が済まない。実はこの番組では以前にも「城」ランキングをやっており、その時は確か「好きな城」だった。今回は「難攻不落の城」と視点を変えた。

 ベスト20位を発表するのだが、ただ紹介するだけでなく、どこが難攻不落なのか、専門家が解説しながら見せてくれる。たとえば第20位、島根県安来市にあった「月山富田城」は月山の狭い崖の上に天守があり、敵を疲れさせるために急斜面にぐねぐねとした細長い道をつくり、大群で攻めたところで、ここで一網打尽にされるという。20位でこのレベル、番組では第19位、滋賀の彦根城と続いて第1位は熊本城。加藤清正が築いた高さ20メートルの武者返しなどが紹介された。

■関連キーワード

最新の芸能記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

    阪神球団内外でジワジワ広がる“岡田包囲網”…掛布雅之氏、福本豊氏も「異議あり!」

  2. 2
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  3. 3
    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

    藤川球児氏が岡田監督に「モノ申した」不穏…阪神球団内でも指揮官への“逆風”強まる

  4. 4
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  5. 5
    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

    巨人今季3度目の同一カード3連敗…次第に強まる二岡ヘッドへの風当たり

  1. 6
    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

    河野太郎大臣「私は関わっておりません」 コロナワクチン集団訴訟で責任問う声にXで回答…賛否飛び交う

  2. 7
    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

    なぜ大谷の評価は「いまひとつ」なのか…現地メディアの根底に「安打じゃ満足できない」米国人気質

  3. 8
    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

    小林麻耶の告白は99%真実 この目で見た妹・麻央さんの哀しき晩年と市川海老蔵の夜遊び

  4. 9
    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

    募金横領、旧ジャニ、セクシー田中さん問題…日テレ「24時間テレビ」が“三重苦”で打ち切り危機

  5. 10
    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい

    面接はわずか7分間で終了…カラオケボックスに60代は不要らしい