桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

行楽シーズン到来で旅・グルメ特番が目白押し つい引き込まれる“城特集”の魅力とは?

公開日: 更新日:

 秋、行楽のシーズン到来ということで、テレビはいつにも増して、旅情を誘うものや食欲をそそるものが多く、見ているだけで楽しい。ただでさえ出無精なのに、テレビがいろんな観光地に連れていってくれるから満足してしまう。

 興味深かったのが26日の「歴史の専門家が選ぶ難攻不落!最強の城総選挙」(テレビ朝日系)。
テレ朝の総選挙シリーズはこれまでも「うどん」「冷凍食品」「アイス」などの食品から「プロ野球名監督」「甲子園スター選手」「好きな漫画」「好きなテレビゲーム」「競馬好き1000人が選ぶ名レースベスト5」などを紹介。ランキング好き視聴者を楽しませてきた。

 元々「お願い!ランキング」から派生したもので、MCは爆笑問題とウエンツ瑛士。今回は歴史好きの石原良純、大久保佳代子、新納慎也、ビビる大木、山崎怜奈ら。そして、解説役として歴史学者の本郷和人。3時間の生番組でグダグダする時間もあったが、結局最後まで見てしまった。それもこれも、城の魅力がなせる業だ。

 旅行などで地方に出掛け、城があると足を向けてしまう人は多い。私もそのひとりで、天守閣に登らないと気が済まない。実はこの番組では以前にも「城」ランキングをやっており、その時は確か「好きな城」だった。今回は「難攻不落の城」と視点を変えた。

 ベスト20位を発表するのだが、ただ紹介するだけでなく、どこが難攻不落なのか、専門家が解説しながら見せてくれる。たとえば第20位、島根県安来市にあった「月山富田城」は月山の狭い崖の上に天守があり、敵を疲れさせるために急斜面にぐねぐねとした細長い道をつくり、大群で攻めたところで、ここで一網打尽にされるという。20位でこのレベル、番組では第19位、滋賀の彦根城と続いて第1位は熊本城。加藤清正が築いた高さ20メートルの武者返しなどが紹介された。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点