芋澤貞雄
著者のコラム一覧
芋澤貞雄芸能ジャーナリスト

1956年、北海道生まれ。カリフォルニア州ロサンゼルスでテレビ・映画のコーディネーター業を経て、女性週刊誌を中心に30年以上にわたり芸能・スポーツを中心に取材活動を続ける。代表的なスクープは「直撃! 松田聖子、ニューヨークの恋人」「眞子妃、エジンバラで初めてのクリスマス」。現在は、星野源、ディーン・フジオカから羽生結弦、浅田真央まで幅広く取材活動を続ける。日刊ゲンダイデジタルや現代ビジネスなどで執筆中。ツイッター現代デジタル芸能界一の嫌われ記者 芋澤がぶっちゃける極秘情報

菅田将暉&小松菜奈夫妻も…“コンビニ感覚”で海外移住を目指す芸能人が増えたワケ

公開日: 更新日:

「週刊女性」と「女性自身」が、菅田将暉(29)・小松菜奈(26)夫婦の“ロンドン新婚旅行”を報じた。これによってファンがざわついているのは、両誌とも夫婦の“海外移住”を示唆したためだ。

 筆者も菅田夫婦の周辺を取材してみて、“海外移住”に対する意識が、若者たちの間で非常に現実的で軽快なものとして受け止められていると感じる。ひと昔前なら、役者が日本での生活や仕事を捨てハリウッドに挑戦することは一世一代の大仕事というイメージだったように思うが、最近の若い役者たちの間では「ちょっとロスまでオーディションを受けに行ってくるわ……」と、まるで近くのコンビニに買い物に行くような感覚で捉えられているようなのだ。

■海外出演のハードルが確実に下がっている

 配信ものが増えた時代背景もあるだろうが、 “次は海外”というフレーズが何の躊躇もなく軽く飛び出すのには、「海外の作品への出演のハードルが確実に低くなっている」という現状があるのだろう。

 ハリウッド在住のコーディネーターに話を聞けば、「『パラサイト 半地下の家族』『ミナリ』『ドライブ・マイ・カー』やドラマ『TOKYO VICE』の成功で、日本人……アジア人の需要は今後更に増えていく傾向にある」と答えてくれた。

 ハリウッドにあるキャスティング・オフィスにはここ数年、「日本の時代劇を絡めた歴史ドラマを撮りたい。若い『サムライ』を体現した役者が欲しい」とか、「ギャングものの企画を準備しているが『ヤクザ』を演じられる役者のキャスティングを希望する」といったオファーが数多く舞い込んでいるという。

 国境を超えた労働環境の変化が日本の役者たちを海外へ向かわせていると言えるわけだが、筆者が感じるもうひとつの特徴は、日本人役者の“私生活重視”の傾向だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

    キンプリ脱退であいた“CMの穴”に「なにわ男子」をジャニーズ事務所が猛プッシュ?

  2. 2
    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

    巨人大盤振る舞いのナゼ? 中田翔「年俸倍増3億円・3年契約」への疑問

  3. 3
    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

    織田信成モラハラ裁判で浮き彫りに…フィギュアスケート界が抱える「闇」

  4. 4
    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

    「silent」で話題 夏帆の評価がようやく才能と一致…新井浩文との熱愛など人生すったもんだ

  5. 5
    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

    第1子妊娠の戸田恵梨香 引退におわせは「コンプラ疲れ」か「家庭優先」か

  1. 6
    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

    敗血症で死去の渡辺徹さん…”献身妻”榊原郁恵との離婚危機報道の真相は?

  2. 7
    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

    日本シリーズ連覇狙う谷原秀人 今季はLIVゴルフで“甘い汁”吸うも…来季は用無しに

  3. 8
    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

    俳優・渡辺徹さんが死去…妻・榊原郁恵さんとは“酒をめぐる口喧嘩”が交際のきっかけだった

  4. 9
    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

    山川穂高は複数年を拒否、平良は保留……西武「一難去ってまた一難」の憂鬱

  5. 10
    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点

    広島1位・斉藤優汰 女手ひとつで育った特進クラス1位“超優等生”の伸びしろと弱点